さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2006年12月28日

風呂とリハビリ

一人暮らしの母の介護認定区分が「要介護1」から「要支援2」に変更された。今まではデイサービスを週に2回、リハビリを週に1回受けていたが、デイサービスとリハビリが月単位のサービスに変更されたので、「要支援2」では同じ月に両方のサービスが受けられなくなった。デイサービスでは入浴サービスを受けていたので、リハビリを受ける月は入浴サービスが受けられなくなる。デイサービスとリハビリを週に1回づつにしてもらえれば、せめて週に1回は入浴できるのだが・・・。
家庭風呂は3年間使用していなかったが、改めて調べて見ると思ったより深く腰掛と出入り用の手摺が必要であることが分かった。それらの手当てをしても足腰が弱いので一人での入浴は危険である。安全な入浴を優先してデイサービスだけ受けることにした。冬季は滑って転んで足の骨でも折ったら大変なので外出を控えている。そのためにもリハビリは欠かせないのでリハビリを受けられる所を探すことにした。  


Posted by 中嶋 at 16:29Comments(0)中嶋

2006年12月25日

除排雪の始まり

今年は雪が少ないと思っていたらクリスマスに雪を降らせるなんて神様は粋なことをしてくれました。20~30cmの積雪で除雪が必要な位に積もったので、かみさんが家の道路側に面した部分を除雪しいい汗をかいていました。札幌管区気象台によるとこの先1ヶ月は少雪傾向が続くとの予報なので除雪の回数は少なく済みそうだ。今朝、近所の生活道路で今冬始めての機械除排雪が行われた。ショベルカーで雪を掻き集めて数台のダンプカーに積み込んでいた。ダンプカーの荷台は板などを取り付けて大量の雪を積み込めるようにしていた。おかげで通行可能な道幅が広がったのでその道路は楽に通るれるようになりました。  


Posted by 中嶋 at 15:29Comments(0)中嶋

2006年12月23日

年賀状

年賀状を郵便局に出してきた。元旦には配達されることになるのでホットした。
年賀状の裏側に何を書こうかと考えてみた。参考になるのは昨年頂いた年賀状である。
近況報告、夢中になっていること、感謝していること、健康への気つかい、来年の抱負、会いませんか が多い。また家族全員の1年間の詳細な歩みを封書で送ってくれる人もいる。
どれも旧交が温まる嬉しいお便りだ。
そこで、今年の我家のトップニュース(娘の結婚)と地域活動を報告することにした。8月からの地域活動はプログに載せているので、詳細はプログを読んで貰えるようにプログ名を載せた。1年間の出来事を年賀状にまとめるのは大変だが、プログなら週に1度か2度記事を書き込むのでほぼリアルタイムに近況を読んで貰える便利なコミュニケーションツールだと思う。  


Posted by 中嶋 at 01:12Comments(0)中嶋

2006年12月18日

北海道東海大学の卒業研究・ゼミナール中間報告会

先週の金曜日に北海道東海大学の情報システム学科の卒業研究・ゼミナール中間報告会
を覘いてきた。私は情報処理会社に勤めていたとき、幕張メッセなどで開催された情報処理の展示会で各社の目玉商品のデモと説明を見聞するのが楽しみだったので、大学の最先端の研究に触れられる良い機会だと思い出かけた。12研究室が参加し研究室単位でポスターセッション形式の説明をしていた。説明は4年生を主体に先生や院生も行っていた。私は興味があった6研究室(医療・生体工学と情報工学)の説明を受けた。学生らしい正直な説明で好感をもてたが、研究の必要性、研究成果がどこで(誰に)、どのように受け入れられて、何が嬉しいか、研究の斬新さ(類似の研究との違い・優位性)はどこにあるのか、どういう研究分野・体系のどの位置に属するか、について突っ込みが足りない感じがした。
研究そのものは最先端を走っており、国家プロジェクトや他大学・企業との共同研究も盛んに行われていた。
今後とも地域住民に大学の研究成果をいろいろな形で公開して貰えると嬉しい。  


Posted by 中嶋 at 01:16Comments(0)中嶋

2006年12月15日

灯油暖房

我家は灯油で暖房している。冬期間は大量の灯油を使うので灯油代が家計に重くのしかかってくる。しかも灯油の価格は需要期になると益々上昇する傾向にあるので、少しでも安い業者に変更した。毎月の定期配送をお願いしたところ、業者から各月の配送予定日が知らされてきた。積雪が多いと配送人は灯油のタンクまで雪をかき分けてホースを引っ張っていくことになるが、今までの定期配送は業者の都合にまかされていたため、灯油タンクまで除雪した日と配送日のタイミングが合わないときはご苦労をかけてしまった。今年からは配送日の前日か当日に除雪しておけば良いのでそのようなご苦労をかけずに済むと思うと気が楽だ。face01  


Posted by 中嶋 at 00:09Comments(0)中嶋

2006年12月10日

町内会の資源回収

当町内会では町内会の活動費に当てるため資源回収を毎月実施している。
我家では1カ月分の新聞を出している。燃えるゴミの日に出すより有効に活用されるからである。新聞を取っているとチラシも大量にたまるが、チラシは燃えるゴミ扱いにしている。同じ紙
なのにもったいないような気がする。
空き缶は資源回収の対象外であるが、横浜に3年間住んでいたとき、ゴミステーションに集められた空き缶を収集車が来る前にどこかのおじさんがかき集めて自転車の荷台とハンドルにこぼれ落そうな位一杯積んでいる光景を見てきた。ゴミステーションが散らかされるので住民からは良く思われていなかった。札幌ではそのような話を聞かないのでホッとしている。
捨てればゴミだが、リサイクルすると資源になる。資源として回収される種類と量が増えることが望まれる。  


Posted by 中嶋 at 00:31Comments(0)中嶋

2006年12月04日

演奏会

市民合唱団の演奏会を聴いてきた。混声合唱の美しいハーモニーも良かったが、客演として
参加された北星学園大学・短期大学部のハンドベル演奏も素晴らしかった。ハンドベル演奏
を生で聴いたのは初めてであったが、優しい音色が心地よく心に響いた。いくつかのハンドベルを巧みに使い分けてクリスマスソングを含む数曲が披露された。  


Posted by 中嶋 at 00:53Comments(0)中嶋

2006年12月03日

町内会の役員会の行き帰り

月例の役員会は児童会館で19:00から20:00頃まで開かれている。その行き帰りは副会
長さんの乗用車に近所の2名の役員さんと相乗りさせてもらっている。徒歩で10分位の距離
だが、特に雪道が凍結し滑りやすくなる冬期はありがたい。車中でのちょっとした会話も楽し
いものである。  


Posted by 中嶋 at 00:28Comments(0)中嶋

2006年12月01日

架空請求

かみさんに思いもかけず架空請求の葉書がきた。法律用語を使っていかにも本物らしく見せているが、差出人の名前は財務省の関係団体を装い、案件や原告が具体的でない、至急連絡しないと大変なことになると不安を起こさせる等の文面の特徴から、架空請求であると確信した。念のため消費者センターに相談したところ架空請求なので絶対連絡しないようにとアドバイスを受けた。しかし、かみさんは身に覚えがないのにどうしてこんな葉書が来たのか分からないと動揺し実家に電話相談したり、町内会の集金のついでに近所に相談に行った。近所でも同じような被害にあった家があった。その家では連絡先に電話したので解決まで時間がかかったとのことである。やっと事情が分かり安心したようである。個人情報がどのようなルートで漏れたかは分からないが、相談できるところが身近な隣近所にあるのは防犯上好ましい。  


Posted by 中嶋 at 00:47Comments(0)中嶋