さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年05月24日

水不足の緩和策

4月5日の道新によると、札幌市の2006年度の除雪費は127億円から128億円で当初予算の145億円より少なく済んだと報じていた。同じく5月19日の道新によると、札幌市の除雪業務費は札幌市民1人当たり8026円のコストがかかったと報じていた。民間の除雪業者や融雪槽などを個人で利用している場合は、個人負担がそれだけ増えている。
雪があまり降らない内地では雪対策費がかからないので羨ましくなる。

雪を厄介物と見ないで自然の贈り物と見たい。北海道でも雪氷の冷熱を建物の冷房や農産物の冷蔵に利用している地域がある。また、苫小牧でできた天然氷を東京臨海部のオフィスビル等の冷房に利用するためフェリーで海上輸送する実験が行われた。

毎年、盛夏になると九州や四国地方等でダムの貯水量が極端に少なくなり節水を強いられ、生活や経済が大打撃を受けていると報じられる。この水不足を緩和するために北海道の雪氷を大量に輸送し飲料用や工業用水等に利用してもらうことを提案したい。輸送費や雪氷の管理費などコストはかかるが、日常の生活や経済が被る影響を考慮すると役に立つと思う。  


Posted by 中嶋 at 15:26Comments(0)中嶋

2007年05月17日

北海道東海大学の玉ねぎ料理

北海道東海大学の西村学長推薦「健康 玉ねぎ料理」を頂くために大学の食堂に行ってきた。この料理の案内は1ヶ月前に町内会の回覧板で知った。今週だけの期間限定料理で、食材の調理法によって健康効果が変わるということで、①血液サラサラと記憶障害改善(特許技術)効果を高めた玉ねぎ調理法によるメニュー「新玉ねぎと若鶏の黒酢あんかけ」と②男性ホルモン増と乳ガン予防(特許技術)効果を高めた玉ねぎ調理法によるメニュー「新玉ねぎと白身魚のあっさり仕立」の2種類が提供された。

今回は①の料理を選んだ。ランチタイムは大勢の学生さんで賑やかだった。程好い大きさのタマネギがたっぷり盛られ、赤いピーマンや緑のピーマンも添えられ目でも楽しめた。玉ねぎのホクホク感とシャキシャキ感、黒酢との絶妙な絡みを味わい大いに満足しました。
2階の食堂の窓からは新緑に覆われた野山や南沢地区の住宅街を見渡すことができて心地よい。

もっと多くの人達が 玉ねぎ料理を味わえるように 健康づくりの役に立つように 今後とも取組みをお願いしたいと思います。  


Posted by 中嶋 at 20:47Comments(0)中嶋

2007年05月13日

町内会の春の清掃

自宅前の生活道路と排水溝の清掃を近所の人達と行った。
排水溝は1m位の深さがあり、下水の水分を含んで重たくなった汚泥やゴミが溜まっていた。2人の男性が手製の道具で8箇所の排水溝からそれらを掻き揚げていた。その道具の棒の部分は塩ビの管だったので柔軟に曲がり作業しやすそうだった。掻き出したゴミは麻製の袋に入れてゴミステーションに運ぶのだが、今回はキャリーケースに載せて女性一人で運んでいた。キャリーケースや塩ビの管を使うといった生活の知恵に感心した。

道路や歩道には桜の葉も落ちていた。箒で清掃したり、出てきばかりの雑草をむしったりしました。空き屋の前の道路や歩道も清掃しました。
清掃が終了してから1時間後に市の清掃車がゴミ袋を運んで行きました。
近所の人達と世間話をしながら掃除したので楽しかった。  


Posted by 中嶋 at 16:47Comments(0)中嶋

2007年05月10日

春爛漫

我家の庭に生えていたフキノトウはフキに変身した。タンポポの黄色い花はあちらこちらで目立つようになった。ガーデニングをしているお宅では赤や黄色など色とりどりのチューリップも満開になってきた。近所の桜の木は淡いピンク色の花を咲かせている。中ノ沢南沢通の両端に植えられた若い桜並木も小振りながら目を楽しませてくれる。昨日、北海道神宮と円山公園に行ったところ、大勢の人が花見をしていた。大きくて太い枝振り一杯に咲いていた桜の花は見事としかいいようがない。冬の間は黒々していた山林も黄緑の葉が日増しに増えてきた。自然界もモノクロの世界からカラフルな世界に衣替えし、私たちを和ませ元気付けてくれるようだ。  


Posted by 中嶋 at 13:19Comments(0)中嶋

2007年05月01日

祝 誕生日

今日は私の63歳の誕生日です。
無事に一つ歳を取ることができたのも皆様のおかげです。感謝しています。
特別なこともなくいつものように過ぎようとしていますが、健康に気を付けて、やりたいことを気ままにやりたいと思っています。

  


Posted by 中嶋 at 23:53Comments(2)中嶋