さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年04月27日

東海大学の公開講座「山菜取りと試食会」

昨日、東海大学で開かれた「山菜取りと試食会」に参加しました。去年にも増して大勢の参加者で溢れ会場の教室は賑わっていました。元気な高齢者、特に女性が多かった。小さな子供連れの家族も数組来ていました。西村副学長の話によると、参加者は150名を越えたそうです。南区の緑苑大学(高齢者教室)からも大勢の方が来られたとのことです。

西村副学長の案内で大学の実習林「光風園」に入って行きました。坂を下るにつれて山菜が目に付くようになってきました。コバルトブルーのエゾエンゴサクが可憐に群生していたので夢中になって採りました。甘い香りがするユキグサ(アズキナ)も群生していました。似たような形をしている毒草の見分け方を教えてもらいましたが、それぞれ立派な形をしていたり、可憐な形をしているので素人では判別が難しいと思った。

参加者は100m位の長蛇の列になったので、西村副学長の説明を聞けなかった人もいましたが、お互いに話しあったり、杖をついている人を支えあったりして、楽しそうに歩いていました。爽やかな春の風と温かなこごれ日を浴びて実に気持ちが良かった。

光風園の次はオオイタドリが群生しているサッカー場横の斜面に向った。4、5cmに成長した紅色のふっくらした芽を摘みました。各自が採集したエゾエンゴサクとオオイタドリの芽は玄関ロビーに用意された籠に分別して入れられ学食の調理場に運ばれていった。

山菜料理が出来上がるまでの1時間は西村副学長による講演で、北海道で採れる山菜の特徴、道産食材活用の取組み事例について、スライドを使って分かりやすく説明してくれました。行者にんにくの匂いは調理法で解消できるそうです。行者にんにくを使用した餃子を食べてみたい。

学食に行くと、テーブルの上にお弁当が並べられていました。その中には大学側が事前に用意した山菜のテンプラも含まれていました。参加者が採取したばかりの山菜のテンプラは共通のテーブルに山盛りになっていましたが、あっという間になくなり何度もできたばかりのテンプラが運ばれて来ました。ボリューム満点の料理ではあったが、どなたも食欲が進み美味しく頂いていました。お茶はヤーコンの葉を煎じたもので山菜に合って美味しかった。

今年も東海大学のご好意で楽しまさせて頂きました。学生さんも案内などで支援してくれ益々東海大学が身近な存在になってきました。
  


Posted by 中嶋 at 15:18Comments(0)中嶋

2008年04月18日

雪たい積場の雪割

豊平川の河川敷には冬になるといくつもの雪たい積場が設置される。いつもバスで通る五輪大橋と藻南公園の付近にも設置される。雪たい積場に運ばれた大量の雪は、春の訪れとともに除雪車によって徐々に崩され川に入れられていく。キャタピラを取り付けた除雪車によって押し出された雪はまるでロール状の牧草のようにも見える。この雪割作業によって帯状の雪山や小さな雪山が無数に作られて雪解けが進んでいく。この作業は5月の半ば頃まで二ヶ月位続く。その間、雪解けの冷たい水は豊平川に計画的に管理されて注がれる。

大学を卒業して東京に就職するまでの11年間は札幌に住んでいたが、雪たい積場の存在は知らなかった。雪たい積場に運び込まれた大量の雪が作り出す雪山の迫力と丁寧な雪割に感動した。

  


Posted by 中嶋 at 00:21Comments(0)中嶋

2008年04月09日

ゴミステーションで嬉しかったこと

毎週水曜日は「容器包装プラスチック」と「びん・缶・ペットボトル」の収集日です。いつものようにそれぞれ別々の袋に入れてゴミを出しに行ったところ、なんとゴミステーションの左側に「容器包装プラスチック」の袋、右側に「びん・缶・ペットボトル」の袋が集積していました。今までの混然とした状態とは様変わりで、見た目にも整然としていて嬉しくなりました。誰がこのような気の利いたことをしてくれたのかは分かりませんが、ゴミ当番になったら自分もやってみようと思いました。

ゴミ収集車はそれぞれ別々の時間に収集しているので、収集が効率よく行われるとともに散らかることも少なくなると思います。  


Posted by 中嶋 at 23:55Comments(0)中嶋

2008年04月07日

郷土史

昭和16年まで南区の川沿、北ノ沢、中ノ沢、南沢地区は「八垂別」と呼ばれていた。その名前の由来と歴史に興味を持っていたところ、昨年の5月に道新の販売所から小冊子「歴史探検 八垂別」が発行され、9月には販売所が主催した歴史探検ハイキングに参加しました。販売所長さんの案内で数箇所の史跡を巡りました。その当時の説明を伺うと、暮らしぶりやご苦労が偲ばれ、先人の想いを引継いで住み易いまちづくりに努めていかなければならないと思いました。

最近、インターネットで清田区の「きよた歴史図鑑」を見つけました。清田区のあゆみを、くらし、さんぎょう、きょういく、こうつう、たてもの、ふうけい、できごと に分けて写真で説明しています。
清田区ゆかりの小学校職員、NPO法人、清田区役所の協力で作成したものです。当時の写真がたくさん載せられているので、昔の暮らしが手に取るように伝わってきます。
南区でもこのように歴史を分かりやすく伝えるものができると嬉しいです。歴史を懐かしむだけでなく現代の生活に生かして発展させていきたいものです。  


Posted by 中嶋 at 21:04Comments(0)中嶋