さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年06月29日

連合町内会のパークリング大会

南沢小学校で開かれた南沢地区連合町内会の第5回パークリング大会に今年初めて参加しました。1週間前の22日に当町内会でパークリング大会が行われ、体育部長から本大会に向けての作戦が披露された程、本大会には気合が入っていました。当町内会は40代から80代までの12名が参加しました。試合前に20分程練習して第一試合に臨みました。1球打つ毎に喜びを分かち合ったり、アドバイスがかけられたりと当町内会の一体感は益々高まりました。第1試合は余裕をもって勝つことができました。

午後の第2試合は昨年惜しくも負けた優勝チーム。その練習風景を見てみると、どなたもコツを心得ていて堅実な打ち方をしていた。手強い相手だ。応援団も20名以上と圧倒的に多い。
ところが、1回戦は僅差で当町内会が勝ってしまった。2回戦は相手の実力が発揮され昨年の雪辱はかなわなかった。

負けた町内会は試合が終わると後片付けをして帰るので次第に寂しくなっていった。
勝ち負けよりパークリングの話題で親交を深められるのが一番の収穫だと感じました。  


Posted by 中嶋 at 22:21Comments(0)中嶋

2008年06月24日

バスの利用実態調査

定鉄のバスに乗り込んだとき、調査員のおばさんから「調査に協力願います」と調査票が手渡された。辺りを見渡すと、調査票に目を通している人、指で穴を開けている人がいた。改めて調査票を見てみると、質問は4項目あり、質問毎に複数の回答が列挙されていた。該当する回答は指で穴を開けて選ぶようになっている。まるでビンゴゲームのようだ。この方式だとペンなどの筆記用具がなくても回答できるし、狭い車内でも停止信号で止まっているときに簡単に操作できる。
素晴らしいアイデアだと感心した。降りるときはもう一人の調査員に調査票を戻す。

帰りのバスでも調査票が渡された。同じように2度もらった通勤客などは「朝もらったよ」と云っている人もいた。今日一日一杯調査するようだ。調査内容は、乗車前後の交通手段、料金支払い方法、乗車目的であった。大変な労力をかけて調査されたので、その集計結果を公表してもらいたい。また、利便性が向上するような改善を期待したい。
  


Posted by 中嶋 at 23:59Comments(0)中嶋

2008年06月23日

町内会の親睦会(ジンギスカンパーティ)

昨日、町内会で初夏の親睦会として、パークリング大会、防災訓練、ジンギスカンパーティが開かれ、町内会の人たちと野外のレクレーションを楽しみました。

パークリング大会では、くじ引きで所属チームを決め、10名で1チーム、合計で4チームを作り戦いました。ターゲットのサークルを目指して木製の球がステックで打たれるたびに、「入れ」、「惜しい」、「やった」と歓声があがっていました。打たれた球は試合が終わるまでそのままにしておくので、その球に当たって、失速したり、相手チームの球をサークルから出したり、逆に入れたりと思わぬリアクションに一喜一憂していました。

防災訓練では、川沿消防署から2名の方が来られ指導して頂きました。スワン公園の脇にある町内会用の防災資材庫から消化用のバケツ、消化栓から汲み上げた水を入れておく大きなプール、担架などを持ち出して、組み立てる訓練をしました。その後、水が入っている消火器を使って消化訓練もしました。

12:30からはスワン公園の隣にある小高い空き地でジンギスカンパーティが開かれました。
タレ付きのジンギスカン、味付けされたイカ、野菜(玉ねぎ、モヤシ、茄子、ギョウジャニンニクなど)が鉄板の上でジュウジュウと美味しそうな香りと音を立てて焼かれていました。それらを鉄製のヘラで掻き混ぜたり、お皿に注いでくれたりと役員さんたちが中心になってサービスしてくれました。お酒も入ってどなたも談笑しながら美味しそうにお腹一杯食べていました。

町内会長さんの挨拶では、①今年は今までで一番多く100名が参加されている、②最近、当町内会に転入された家族をエピソードを交えて紹介されました、③差し入れがありました、④新年会では楽しい企画を考えているので大勢の参加を期待している。会長さんの温かな気配りが嬉しかった。

役員の皆さん、お世話になりました。おかげさまで楽しいひと時を過ごせました。



  


Posted by 中嶋 at 12:30Comments(0)中嶋

2008年06月16日

ゴスペルのミニコンサート

東海大学の建学祭でKNOW GOSPELによるミニコンサートを初めて聴きました。司会者の説明によると、ゴスペルとはイエスキリストを通して表された愛や救いのメッセージを伝える音楽とのことです。黒人霊歌がルーツで音楽の表現方法が時代と共に変わってきたとのことです。

ゴスペルの音楽は初めて聴きましたが、16名の日本人グループによる生演奏は迫力がありました。身体全体からほとばしる歌声、リズム、手拍子に終始圧倒されました。全て英語の曲でしたが、歌に込められたメッセージとスピリットは、美しいハーモニと力強い歌声によって心にビシビシ伝わってきました。なんと底抜けに明るいのだろう。その源はどこから来るのだろう。もっとゴスペルの音楽に親しみたい と思いました。KNOW GOSPELの皆さん感動をありがとうございました。そして、このような機会を与えてくれた東海大学の建学祭の関係者に感謝します。  


Posted by 中嶋 at 19:17Comments(0)中嶋

2008年06月15日

久し振りの再会

大学の同期が東海大学の公開講座に参加するのでその前に会おうということになった。ほぼ4年振りの再会になる。自宅がある北区から12Kmの道程を自転車でやってきた。札幌ドームにも自転車で行くそうだ。

昼食をともにしながらいろいろな話題で盛り上がった。
定年後の生甲斐、他の同期の近況、健康状態、今年の秋に予定されている富山での同期会など。同期だから時を越えて何でも気軽に話せた、あっという間の2時間だった。別れ際の「身体に気をつけて元気で」のことばが実に温かかった。  


Posted by 中嶋 at 17:25Comments(0)中嶋

2008年06月06日

リフレッシュされたゴミステーション

いつも利用しているゴミステーションがリフレッシュされていた。前面の板は真新しい丈夫な板に置き換わり、左右の金網は青いペンキで塗装され、見違えるようにきれいになっていました。おかげさまで気持ちよくごみ出しができるようになりました。本当にありがたいことです。かみさんによると町内会の人達が作業していたとのことです。

今週はごみステーションの清掃当番でした。水曜日のびん・缶・ペットボトルと容器包装プラスチック収集日に、ゴミステーションの清掃に行ったところ、ごみ収集車が運んで行った後に出されたペットボトルと容器包装プラスチックを入れた小さな袋がぽっんと置かれていました。ルール違反は困りますね。翌日の燃やせないごみの日に行ってみると、なんとそれらは持ち去られていました。誰が持ち去ったのかは分かりませんが、迷惑になるので気をつけてもらいたいです。

今日のような雨の日は、傘をさしながら清掃や後片付けするのは難しい。傘を置いて行ったので少し濡れてしまいました。  


Posted by 中嶋 at 23:27Comments(0)中嶋

2008年06月03日

感動に包まれた音楽会

6月1日(日)に市民合唱団の音楽会を聴いてきました。ロシア民謡を中心とした音楽会で、うたに込められた情感が伝わってきて良かった。曲の雰囲気に合わせて混声合唱、女声合唱、男声合唱、独唱と切り替えていたのも良かった。数回に亘るロシア公演で実際に見たり聞いたりして実感したことが肥やしになっているようです。また、新しい歌をおぼえましょうと歌唱指導をして頂き楽しまさせてくれました。

去年まで殆どの曲を指揮してたのは木内 宏治さんでしたが、今年は若手の指揮者が見事にタクトを振っていました。最後の1曲になったとき、誰もが今年は木内さん出てこないのかなと思っていたところ、司会者が「木内さんは1ヶ月前に体調を崩されましたが、快方に向ってきてますので最後の1曲は木内 宏治が指揮します」と紹介された。木内さんが登場すると、会場から割れんばかりの拍手が沸き起こった。いつものように心のこもった力強い指揮に合わせて合唱も一段と迫力が出てきた。曲が終わり舞台袖に戻られるとき、「ありがとう」を伝える大きな拍手が鳴り止まず「頑張れ」と大きな声援も贈られました。なんと存在感がある偉大な音楽家なんだろう。聴衆も演奏者も引き込むような泣けた感動ありがとうございました。  


Posted by 中嶋 at 17:36Comments(0)中嶋