さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年08月28日

ロシア民族楽器アンサンブル

昨日、かでる2.7ホールで北海道・サハリン州との友好・経済協力に関する提携10周年記念のロシア民族楽器アンサンブル「ブラッチナ」札幌公演が行われました。

40分ほどの演奏会でしたが、ロシア民族楽器が奏でる民族音楽を堪能しました。色鮮やかな民族衣装を着た8名の奏者が13曲を披露しました。2名の女性ボーカルも数曲伸びやかで美しい歌声を聞かせてくれました。最後の「百万本のバラ」は日本語で歌われました。日本人にも馴染みがある曲なので会場で楽しそうに口ずさんでいる人もいました。

民族楽器は、ボタン式アコーディオンの「バヤン」、マンドリンのような「ドームラ」、共鳴胴が三角形の弦楽器「バラライカ」は高音から低音まで数種類ありプリマとコントラバスを使用していました。打楽器も加わった演奏は明るくリズミカルで踊りの伴奏をしているようでした。

音楽を通した文化交流によって相手の国の生活や風土の理解が深まるだけでなく、自国の文化を見詰め直すきっかけになると思いました。  


Posted by 中嶋 at 00:15Comments(0)中嶋

2008年08月19日

レンターカーと高速道路

去る14日、お盆休みで里帰り中の次女家族と供に旭川に行ってきました。レンターカーの運転手は運転に自信がある娘婿です。レンターカーを借りるのは初めてでした。レンターカーショップでは、健康保険証などで身分の確認、契約内容の確認、借用するレンターカーのキズなどの外観確認、チャイルドシートの確認をした後、カーナビに行き先と戻り先の本ショップを入力して出発です。内地の人が北海道で初めてドライブできるのもカーナビのおかげだと思いました。

道央道の高速道路に入ってからは、渋滞もなくスムーズに流れて行きました。途中に長いトンネルが3箇所程ありましたが、周りの景色はのどかで、運転手以外はついうとうととしてしまいました。道の駅が何箇所かありましたが、さほど混んではいませんでした。地元で採れた果物やお菓子なども販売していました。時速100KM以上で走行していたので、運転手が煙草や缶コーヒーに手を伸ばすたびに目を離すのでヒヤッとしました。目的地には2時間で着きました。JRとタクシーを利用した場合と殆ど同じですが、乗り換える必要もなく自分の意思で運転していけるのが魅力なのかなと思いました。

帰途もスムーズに流れて行きました。一般道に出てからガソリンを満タンにしてショップに戻りました。係員が車を点検した結果、追加料金は発生しませんでした。  


Posted by 中嶋 at 15:29Comments(0)中嶋

2008年08月16日

初孫との初対面

どんな赤ちゃんに会えるのかと楽しみに待っていた生後1歳と2ヶ月の孫を連れて仙台から次女の家族が盆休みを利用して遊びに来ました。
最初は警戒するような素振りを見せていましたが、慣れてくるにつれておおはしゃぎでじっとしていません。両手を肩の高さに上げてバランスをとりながら早歩き、パパとママが教えた「いない いない ばあー」、「ばいばい」、「はくしゅ」のことばに合わせて小さな手を動かす、電話の受話器を取って片言で話す、ドアノブを回してドアを開ける、階段を這うように上がる、テーブルの上にあるものは何でも触る、同じことを何度も繰り返しながら少しづつ覚えていくようです。これらの可愛い仕草と笑顔に周りの大人は癒されるとともに、怪我しないように目が離せません。

親は可愛がるだけでなく躾けもしなければならないけれど、子供から元気を分けてもらっているようです。孫に会っておじいちゃんになったんだと実感させられた盆休みでした。  


Posted by 中嶋 at 20:22Comments(0)中嶋

2008年08月05日

象列車がやってきた

8月3日にBSテレビのNHKハイビジョンでドラマ「象列車がやってきた」を見ました。
名古屋市の東山動物園が第2次世界大戦中に動物の命を必死に守りぬいたストーリでした。
飼料不足のため多くの動物が飢えや寒さで亡くなるだけでなく、治安維持のため軍が猛獣類をつぎつぎと射殺しました。4頭のインド象の内2頭は餓死しましたが、残りの2頭は園長や飼育員が身体を張って抵抗したため軍の射殺から免れることができました。

このストリーから戦争の残忍さ、人間の都合によって動物がもてあそばれる怖さと、他の動物園では射殺しているのに東山動物園だけ例外にすることはできないと軍が圧力をかけてきたことに対して動物のことを一番分かっている園長が懸命に説得した粘り強さと純粋さに感動しました。

この合唱劇は昨年10月に帯広市で開かれた音楽祭で初めて聴きましたが、ドラマを観てその背景がより深く理解できました。NHK総合テレビでの再放送を期待したい。  


Posted by 中嶋 at 23:31Comments(0)中嶋