さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年09月24日

苫小牧の緑ヶ丘公園の散策

去る21日、音楽仲間と苫小牧の緑ヶ丘公園を散策しました。苫小牧駅から30分程歩いて行くと、野球場やサッカー場などが集約している広大な運動公園が見えてきました。根室など遠方からのバスも数台駐車場に並んでいました。

程なく金太郎池に到着しました。池には鯉やカモ、カモメに混じって数匹のカメもスイスイ泳いでいました。予め買っておいた食パンをちぎって投げ与えると、身体が大きい元気なカモメは空中に飛び上がってさっとくわえていきます。人間が餌を与えようとしている仕草をじっと見ているのです。池の中の動物たちも生存競争が激しい。小さなカモはなかなか餌にありつけないので、カモメから見難い所にいるカモにそっと餌を投げ与えて、見事に捉えると、嬉しくなりました。

池の周囲は小高い森に囲まれています。その森も散策しました。チップが敷き詰められた階段は弾力があるので少しだけ沈みます。足腰に優しい階段でした。森の中には、あまり見かけないホウの木やサンショウの木、大きな木にまとわりついているツタのような植物も見られました。山ぶどうもひっそりと実をつけていました。ドングリの他に橙色や赤い色をした木の実も落ちていました。足元にはきのこが生えていました。名前は知らないが赤い小さな花や青い小さな花を咲かせている植物にも出会えました。いつまでもこの植生は残してもらいたいと思いました。  


Posted by 中嶋 at 20:49Comments(0)中嶋

2008年09月19日

アンジェラ・アキの「手紙」

昨日、NHKテレビで「続・拝啓十五の君へアンジェラ・アキと中学生たち 手紙がつなぐ心」を見ました。アンジェラ・アキさんが作詞・作曲した「手紙」は本年度のNHK全国音楽コンクール中学校の課題曲に選ばれ、全国の中学校で広く歌われていることを初めて知りました。

思春期の若者の心に響く温かくて優しい歌でした。心にぐっときたフレーズは、「負けないで、泣かないで、消えてしまいそうなときは、自分の声を信じ歩けばいいの」、「人生の全てに意味があるから恐れずにあなたの夢を育てて」。大人でも勇気がもらえる歌です。歌って素晴らしいですね。多くの人に感動を与えることができるから。  


Posted by 中嶋 at 21:46Comments(0)中嶋

2008年09月11日

南沢の土砂災害対策への取組み

昨日、チャレンジ日記3の岡村さんが「南沢の土砂災害を考えるワークショップ」について詳しく報告していました。9月2日の北海道新聞の「市公開「危険箇所図」を歩く」に南沢連合町内会の取組みが紹介されてから関心をもっていたので、ワークショップで熱心に討議しハザードマップの作成まで目指している努力に敬意を表します。

提案:
・ハザードマップに災害危険箇所の写真を載せることにより、危険箇
 所の特徴が理解し易くなる。
・ハザードマップの見方や利用の仕方について説明会を開き、ハザ
 ードマップがいざというとき実際に役に立てるツールにする。
・危険な兆候を見極めるポイントを住民に知らせる。住民が危険な兆
 候を発見したとき、その旨を知らせる連絡先を明確にする。
・地域住民の中で防災について詳しい人のネットワークを作る。

参考事例:
・宮城県ではインターネットで「土砂災害危険箇所図公表システム」を
 公開しています。災害履歴を検索でき、地図上で災害箇所と災害
 状況が確認できます。
・安芸高田市ではインターネットで「洪水・土砂災害ハザードマップ」を
 公開しています。災害危険箇所と避難場所などが確認できます。

土砂災害の正しい理解と減災の知恵を身につけて、安全な地域にしていきたいものです。  


Posted by 中嶋 at 23:49Comments(0)中嶋