さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年11月28日

義弟の家族葬

かみさんの弟の葬儀で旭川に行ってきました。5年前に胆管がんと診断されてから闘病生活を送っていましたが、終に57歳の若さで召されてしまいました。4年前に胆管がんの手術数が道内で最も多い北大病院で15時間に及ぶ大手術を受けた後は、地元の病院でPETなどで経過を見ながら入退院を繰返していましたが、がんが肝臓を始め全身に一気に広がってしまいました。

10月末に家族に余命3ヶ月と宣言されたとき、本人に告知しないように担当医にお願いしましたが、家族も相当なショックを受けました。10日後には追い討ちを掛けるように余命2週間と告げられ、苦痛を和らげるためモルヒネがうたれました。かみさんは告知の度に病院に駆けつけ励ましてきましたが、病状の変わりようを見るのは辛かったようです。その4日後の早朝に義父から「亡くなった」と連絡が来たときには、覚悟はしていたもののがっくりしてしまいました。

葬儀は親戚や親しい人達だけの家族葬で行われました。喪主は義父です。親より先に逝ってしまった悲しさを押し隠すように気丈に振舞っていました。親戚付き合いをしていなかったので知らない人が多かったけれど何人かの人とお話できたのは良かった。お坊さんの読経が始まり木魚と鉦が叩かれ鉦の余韻を聴いていると、現世から来世に温かく送り出しているように感じました。
経典の冊子が参列者に配布され、お坊さんと一緒に読経しました。

弔辞は、故人との思い出、最後まで生きようとしたことへの称賛、安らかに と心がこもっていました。棺の蓋を外して最後のお別れをしたとき、「頑張ったね」、「亡くなられたお母さんの所に行くんだよ」と涙ながらに話しかけていました。

医学は進んできてはいるものの、どのような病状でも治せるまでには至っていません。医学の基礎研究と臨床のますますの進展を期待するとともに、誰でも早期に診察できる仕組みも必要だと思います。  


Posted by 中嶋 at 00:43Comments(0)中嶋

2008年11月18日

ラベンダーの冬囲い

去る16日の日曜日、中ノ沢南沢通のエイト公園から東海大学前までの道路沿に植えられている多数のラベンダーに冬囲いがされました。町内会の人達が周りの落葉を払ったり、半分に曲げられた竹でラベンダーを覆ったり、ビニルの紐でラベンダーを束ねたりしていました。その後に肥料を撒いていました。大勢の方が手分けして作業していたので短時間で終わったようです。

ラベンダー発祥の地である南沢地区で地域住民が自主的にラベンダーを大事に管理している光景を見て嬉しくなりました。来年も紫色の香りを楽しませてください。  


Posted by 中嶋 at 19:53Comments(0)中嶋

2008年11月15日

東海大学の公開講座「エコファーマーのりんごはなぜうまい」

本日、東海大学の公開講座「エコファーマーのりんごはなぜうまい」に参加しました。参加者は年配者が多く50~60名位。司会の国際文化学部の吉村 卓也教授から紹介された砥山ふれあい果樹園の瀬戸 修一さんがエコファーマーの取組みを話されました。

八剣山のふもとにある砥山地区には農薬と化学肥料を減らした取組みにより北海道からエコファーマーとして認定された農家が8軒あります。農家には農作物の価格が安いため担い手が少なく高齢化している、また市街化調整区域の制約といった問題点を抱えていますが、異業種や消費者と交流して多くの方に農作業を体験してもらっています。さくらんぼ祭、収穫祭、農業小学校など。

農薬や化学肥料を減らすために、天候や虫の発生状況に応じてタイミングよく適切な殺虫剤、殺菌剤、抗ダニ剤の散布をする管理能力が必要です。できるだけ生物由来の農薬を使うようにしています。土作りのため定山渓温泉の事業所から出された生ごみを堆肥化したものを利用していますが、成分が均質でなく重たいといった問題があります。また、大雪や強風による倒木や破損、落下、カラスによる被害もあります。効率よく作業できませんが、安全で美味しいりんごができます。

1時間の講演の後、沢山の質問が出されました。①袋がけは人件費がかかるのでできない、②虫に強い品種改良は農業試験所の開発に期待している、③ジュース、ワイン、ジャム、お菓子の材料に委託加工しているが、地元で加工できれば産消協働になる、④保存方法、⑤堆肥の作り方、⑥木が割れたときの対処方法、⑦肥料の散布時期 などなど。

帰りに瀬戸さんのファームで収穫されたりんごをお土産に頂きました。甘酸っぱいりんご本来の匂いがして美味しそうです。南区にはまだまだ知られていない魅力的な自然や産業があることを知らされました。  


Posted by 中嶋 at 20:25Comments(0)中嶋