さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年02月23日

母の米寿

昨日、母の米寿を子供たち夫婦で祝いました。残念ながら千葉に住んでいる次男夫婦は雪のため飛行機が欠航になり参加できませんでした。札幌駅に近いホテルの22階に昼会席の場を設けました。足が弱い母のために掘りごたつが付いた和室を用意してもらいました。部屋の大きな窓からは北に伸びる市街地が一望できて開放感がありました。

最初に長女から母に彩り鮮やかな花束が贈呈されると母が笑顔で応えていました。食前酒が出されたところで皆で乾杯し祝いました。この日のために母が用意していた挨拶のメモは皆が揃ったときのために取っておくそうです。70歳の古希、77歳の喜寿を経て88歳の米寿を無事に迎えられた人生は素晴らしい。自分の力でも生きてきたが、いろいろな人達や食物としての動植物に生かされてきたことにも感謝したいと思います。

料理はどれも少量でしたが上品に盛り付けられているので出されるたびに係りの人に料理の名前を確認する程見事で美味しかった。
途中から近くの職場で働いている姪が昼休みの時間を利用して制服のまま駆けつけてくれました。場は一段と賑やかになり皆で記念写真を撮りました。
約2時間の加賀料理の食事をゆっくり頂いた後、母が「今日はどうもありがとう、皆仲良くしてね」と子供たち家族を気遣うのでした。  


Posted by 中嶋 at 22:48Comments(0)中嶋

2009年02月21日

町内会の排雪

2月19日に待ちに待った町内会の排雪が行われました。午前中は大まかな排雪、午後からは仕上げの排雪。除雪業者のタイヤショベル車が道路の雪を道路端にかきわけた後、ロータリー車とトラックが並走し、ロータリ車がその雪を掻き揚げてトラックに振りかけて積み込んでいきます。その細かな雪の粉が宙に舞うのでその周りは白くかすみます。狭い生活道路に次々と大型のトラックが隊列を組んで入ってくる光景は圧巻です。仕上げは、グレーダー車で圧雪した路面の雪を削り、バックホウ車で道路端の雪をかきとります。新たに集められた雪をタイヤショベル車で道路端に掻き分けた後、ロータリー車とトラックで積み込みます。取り残された雪は監視員がスコップで道路上に取り除いてくれます。仕上げ作業は何度も行われたので、道幅は広がり路面も平坦になったので見違えるように見通しがよくなりました。

昨日から降り続いた雪でまた元のようになりそうですが、後は小型の除雪車とトラックを持っている近所の人にお願いして排雪してもらいます。


  


Posted by 中嶋 at 16:12Comments(0)中嶋

2009年02月19日

所得税の確定申告

2月16日に南区民センターで所得税の確定申告をしてきた。会場は大勢の申告者で一杯であった。税理士さんに相談している人、椅子に腰をかけて順番を待っている人、パソコンに入力している人。提出する書類の用意ができた人は税理士さんに書類を確認してもらい終了となる。

今年も国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用して確定申告書を作成してきたので、すぐに提出コーナーに行き税理士さんに確認してもらうことができた。年金の源泉徴収票、国民健康保険と生命保険の控除証明書などは確定申告書に糊付けしなければならないが、何枚にもなったのでクリップで留めてきた。税理士さんは手際よく慣れた手つきで糊付けしてくれたので来年からはその要領で自分で糊付けしようと思った。
収入と控除は昨年と殆ど同じだったので迷うことなく短時間でパソコンで作成できた。本当に便利なツールです。  


Posted by 中嶋 at 15:57Comments(0)中嶋

2009年02月14日

さっぽろ雪祭り

2月5日から11日まで第60回さっぽろ雪祭りが開かれました。前日の4日に大通り会場で出来立ての大雪像を見て回りました。見学者もあまり多くなかったのでゆっくり見ることが出来ました。大雪像の崇礼門や浜松城などは石垣や屋根瓦が精巧に作られていて驚くばかりです。雪像の傍に備え付けられたスピーカーからは雪像の説明が流れていました。制作日数、使われた雪の量、製作意図など。大氷像の箱館奉行所庁舎もライトアップされてきれいでした。

終了前日の10日も見学しました。さすがに大勢の人達で溢れていましたが、ぶつかるような込みようではありませんでした。食の広場は道内各地の味覚が勢ぞろいしていて、威勢がいい呼び込みと美味しそうな匂いに誘われて購入し身体の中から温まっている人が大勢いました。
大雪像以外にも市民や外国人が作成した小雪像もたくさんあり、目を見張るような芸術作品もあるので見逃せません。また、高さ20メートルのスノーボードジャンプ台から大人に混じって小学生も見事なジャンプを披露していました。

雪像の作成中と祭りの期間中も雨や雪に見舞われ、その都度修復されたご苦労があったからこそ見事な雪像を見させて頂けたことに感謝したい。

雪祭りに協賛するように市内の各地区で「ゆきあかり」や「冬祭り」が開かれ、見るだけでなく参加する場が増えてきたのは喜ばしいことです。雪でイグルーや迷路を作り雪国ならではの楽しみを満喫しています。  


Posted by 中嶋 at 18:12Comments(0)中嶋

2009年02月06日

学生食堂の進化

北大のクラーク会館の食堂で昼食を摂りました。ショーケースのサンプルメニューを見て驚きました。A定食やB定食といった定食ものに代わってバラエティに富んだ一品料理の惣菜が並んでいました。煮物、揚げ物、焼き物、おでんやサラダといった種類が多いだけでなく、ご飯も小、中、大と量も選べるのです。どれも美味しそうなので6品も選んでしまいました。
そんなに大きな食堂ではないけれども、学生、職員に混じって市民や観光客で一杯でした。
学生食堂も利用者の要求に応えるようとしていることに感銘を受けました。

東海大学の学生食堂でも朝食を摂らない学生が多いということで朝食を出すようにしたということです。  


Posted by 中嶋 at 12:57Comments(0)中嶋

2009年02月02日

札幌市政提案コーナー

札幌市インターネット「市政提案コーナー」に2件の提案をしたところ、その検討結果が担当部局から相次いで送られてきました。提案は全面的に採用されなかったが、真摯に検討されたことが分かり嬉しかった。

①地下鉄の車内のタバコの臭いを消臭するため香料使用について(交通局)
  ・車内の空気質を改善することによって公共交通の魅力を増し利用者増に繋げたい。
②新しいごみ排出ルールの説明会について(環境局)
  ・多数の住民が説明会に参加し易くするための交通手段、開催時期と回数
  ・住民が納得できるような説明会の内容
  ・説明会不参加者に対する説明の方法

今後もいい提案が思いついたら提出していきたい。
  
  


Posted by 中嶋 at 21:31Comments(0)中嶋