さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年06月30日

サイクリングの魅力

北海道新聞を購読していると、月末に小冊子の道新ポケットブックが付いてきます。今月の道新ポケットブックのテーマは「安全に楽しく自転車に乗ろう」。自転車好きには目から鱗が落ちる内容です。最新の機能として注目されたのは、①前照灯:暗くなると自動的に点灯、白色光のLED、発電機を前輪の車軸に内蔵し点灯時にペダルのこぐ力を軽減。②尾灯:反射機材の他に赤色光のLED(点滅式のLEDもある)。③錠:後輪の施錠に連動してハンドルを固定。

自分に合った車種の選び方、点検と手入れの仕方、自転車保険(盗難保障の他に障害・賠償保障もあります)、安全な走り方と基本ルール(雨の日は傘を差さずかっぱを着用、ハンドルに荷物をかけないなど)、効用(体重が腕、腰、足に分散され足腰への負担が少ない、有酸素運動)、ウェアと小物、道内のサイクリングロード・マップ、レンタサイクル・マップ、ツアーガイド・マップ。

この情報を利用して道内のまだ訪れていないところをレンタサイクルで回りたいと思っています。

南沢地区は坂が多いため、大人の人が自転車に乗っている光景は殆ど見かけませんが、ゴミステーションの当番で朝の7時頃、網などをセットしていたとき、クロスバイクかロードバイクに乗ってさっそうと通勤する人が「おはよう」と挨拶して風を切るように走っていきました。凄い人がいるもんだなと驚きました。  


Posted by 中嶋 at 16:31Comments(0)中嶋

2009年06月24日

水道メーターの取替え

昨日、水道メーターを取替えてくれました。取替え費用は札幌市の水道局が負担するため無料です。係員の説明では有効期限の8年を経過したので新しい水道メーターに取り替えるとのことでした。作業に少し立ち会いました。水道メーターを備え付けている蓋が開けられると、枯れ草や土砂が入っていて汚れていましたが、係員はそれらをうつ伏せになりながら手作業で丁寧に取り除いてくれました。水道メーターは手の平に入るぐらい小型て保護用の蓋も付いていました。電気メーターやガスメーターは見えるところに設置されていますが、水道メーターは地下に設置されているため見たことがなかったため小さな驚きを覚えました。新メーター指針を1㎥サービスしてくれたのも嬉しかった。

各メーターは係員が定期的に検針に来ますが、ホームサーバーを設置して各メーターから無線でそこに検針データを送るとともに、水道局、北ガス、北電に電話線などで検針データーを送る遠隔検針ができれば検針作業が効率的になると思います。  


Posted by 中嶋 at 15:09Comments(0)中嶋

2009年06月21日

町内会のジンギスカンパーティ

町内会の初夏の恒例行事「ジンギスカンパーティ等の親睦会」が開かれました。9:00からはパークリング大会です。会場のスワン公園から賑やかな声が聞こえてきました。既に多くの方が練習していて「いいぞ」、「ちょっと弱いかな」などと声を掛け合って早くも盛り上がっていました。11名で1チームを作り合計4チームによるトーナメント方式で戦いました。中央の円を目がけて一人3球づつ交互にステックで打ちます。グラウンドの微妙な傾斜、打たれて残っている球に当たって上手く円に入る場合や逆に失速して円に届かない場合があるため、多くの球が残っている後ろの人程スリルがあります。相手チ-ムの一打で味方チームの球が円の中に入った場合は「ありがとう」、「サービスしちゃった」と1球ごとに一喜一憂していました。パークリングは誰でも出来る楽しいスポーツです。

少々休憩した後、川沿消防署の4名の方に指導して頂き防災訓練を行いました。スワン公園の脇にある町内会用の防災資材庫から資材を出して、担架の組み立て方や実際に人を乗せて運ぶ方法、消火器の使い方を教わりました。①消火器は一回で使い切る、②消火器には粉が入っているので長い間放置してると固まるため時々振って掻き混ぜる、③燃えている油を目がけて放射すると油が飛び散り危険なので周りに放射する、④担架に乗せた人の脚の方を先頭にして運ぶと乗せられた人が前の方を見えるので不安にならない、⑤担架は毛布と物干し竿でも作れる、物干し竿に適切に毛布を巻きつければ安定する、などの説明はなるほどと感心しました。

12:30からはスワン公園の隣にある小高い空き地でお楽しみのジンギスカンパーティです。かみさんと一緒に参加しました。タレ付きのジンギスカン、味付けされたイカ、玉ねぎ、モヤシ、茄子などが熱く熱せられた炭火の上に置かれた鉄板上でジュウジュウと美味しそうな匂いと音を立てていました。火回りを良くするために煙をものともせず団扇で扇ぐ人、鉄製のヘラで食材を掻き混ぜたり、お皿に注いでくれる人、お代わりを薦める人、役員さんたちが中心になりサービスしてくれました。会場は傾斜がある草原なので折りたたみ式の椅子やテーブルを持ち込んでいる方もおられました。飲み物は各自に配られたビールの他にも日本酒、焼酎、ジュースなど沢山ありました。たまには野外パーティも気持ちがいいものです。後片付けも手分けして皆でしました。

役員の皆さん、ご苦労様でした。  


Posted by 中嶋 at 21:22Comments(0)中嶋

2009年06月19日

個人情報保護の功罪

体調を崩したので久し振りに掛かりつけの病院に行ってきました。名前を呼ばれて診察室に行ったところ、すっかりレイアウトが変わっていたので驚きました。お医者さん毎の個室はカーテンで仕切っていましたが、天井まで届く金属製の扉でしっかり仕切っていました。また血液検査は診察室の中央にあって他の人からも見えましたが、隅の方に移動してカーテンで仕切られていました。看護婦さんの説明によるとプライバシーを守るために変更したとのことです。患者さんにとってはありがたいことだと思います。

入院患者用の部屋は見ていないので変更されたのかどうかは分かりませんが、部屋の入り口に患者の名札を付けていない病院もあります。お見舞いに来る人にとっては探すのに不便かもしれませんが、これも個人情報保護のためには必要なのでしょう。

通話料が無料の「0120」電話でも通話先の電話番号を通知する「186」を付けなければならないところもあります。ちょっと手間がかかるので面倒だと思いますが、信頼できる相手かどうかを判断するためには必要なのでしょう。「186」の設定が分からない人が振り込め詐欺などの被害を受けないようにするには、電話会社で全ての電話番号に「186」を付けるようにしたら嬉しいです。、  


Posted by 中嶋 at 13:11Comments(0)

2009年06月11日

円山球場でのプロ野球

昨日、地下鉄とバスを乗り継いで宮の森の実家に行って来ました。平日の日中だというのに地下鉄もバスも大変混んでいました。地下鉄の円山公園駅で降りると乗客を整理するために大勢の駅員さんがホームと改札口付近に出ていました。バスに乗った人の会話から円山球場で行われるプロ野球の日ハムと横浜の試合を観戦するようです。明るい表情から楽しみにして来たことが伝わってきます。実家でも円山球場から歓声が聞こえてきました。太鼓やラッパに合わせて選手名を呼んでいました。歓声が一段と大きくなったときは日ハムが点数を入れたのでしょう。

実家を出たときは試合の後半になっていました。帰りの客を拾うためにタクシーが球場から円山公園の入口付近までおよそ1km程ずらっと並んでいました。こんな光景を見るのは初めてなので、人気があるイベントではタクシー業界も潤うんだなと実感しました。

中学生のとき円山球場の管理人の息子と同級生だったので、一度だけご好意で球場を使わせて貰い草野球をしたことがあります。土と天然芝のグランドは当時のままですが、依然として道内の高校野球のメッカでもあります。
  


Posted by 中嶋 at 19:30Comments(0)中嶋

2009年06月02日

プロ野球のインターネット観戦

初夏のように暖かな日もあれば肌寒い日もあったりして寒暖の差が繰返されています。今日は小雨も振りましたが、札幌ドームでは天気に左右されずプロ野球が確実に行われます。日ハムのテレビ中継がないときや19:00から中継されるときは、インターネットで開始時間の18:00から見るようにしています。昨年もインターネット観戦しましたが、今年は数々のバージョンアップがされていて感動しました。①自動更新時間は60秒から30秒に短縮、②カラフル(背景が白から黒に変更されたのでコントラストが明確になったし、ホームランは色鮮やかに祝っています)。③投げている投手と打撃ボックスに入っているバッターには顔写真と成績が出ます、などなど。見るのが益々楽しみになりました。

地元球団として日ハムはすっかり北海道に根付いたようです。
おやおや広島に2点先行されてしまいました。打撃好調の日ハムの逆転を信じ筆をおきます。
  


Posted by 中嶋 at 19:31Comments(0)