さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年11月28日

土砂災害防止法に基づく区域指定に係わる住民説明会

昨日、南の沢小学校で標記の説明会が北海道と札幌市の主催で開かれました。雨が降り続く肌寒い中、南沢地区の住民が多数詰め掛けました。会場には土砂災害警戒区域と特別警戒区域に指定された27箇所のマップが並べられていました。説明側は北海道札幌土木現業所の治水課と事業課、札幌市の危機管理対策室、都市局の宅地課、建設局の河川管理課と勢揃い。司会は南沢連合町内会長の白石さんが行いました。

開会挨拶で、南沢地区は昨年実施した土砂災害ワークショップを通してハザードマップを作成した経緯により土砂災害防止法に基づく警戒区域と特別警戒区域指定の札幌市での第一号に選ばれ、土砂災害警戒避難体制の整備が図られる旨の説明がありました。

土砂災害の事例と土砂災害防止法についてDVDで説明されました。長野県の諏訪市では住民の情報伝達で連絡網を有効に活用し人災を防ぎました。また、宅地化が進んでいるため土砂災害危険箇所は年々増えています。札幌市の土砂災害危険箇所は974、南区は554もあります。施設整備の推進に加え、警戒避難体制の整備が重要です。
南沢地区の17の崖崩れ危険箇所と10の土石流危険箇所が航空写真と宅地図で示されました。ハザードマップ上の危険箇所が警戒区域のイエローゾーンと特別警戒区域のレッドゾーンに指定されました。イエローゾーンだけの危険箇所、人家がないレッドゾーンもありましたが、人家があるレッドゾーンもありました。

区域指定後の避難体制の整備では、防災意識の向上を図るため、地域連絡網の整備、防災研修会、防災訓練等を住民と連携して行う旨の説明がありました。
来年の2月下旬に北海道知事が土砂災害警戒区域と特別警戒区域を指定する予定。町内会には回覧で知らせる旨の説明がありました。

質疑応答では、①区域指定と砂防対策工事は連動していない、②既に建てられている建物には規則が適用されない、新築や改築する際に建築確認がされる、③崖の上の私有地に植えられている樹木が倒れてこないように行政が現地調査し地主に指導してもらいたい、④崖の上の私有地の地主が防災工事をしない場合、行政が代わりに工事するには規定に従う、⑤不動産業者が区域内の家を販売する際、区域内の家であることを説明する、⑥区域指定されると家と土地の財産価値が下がる懸念がある、土砂災害から人命を守るには危険箇所であることを知っていることが重要。

町内会で現場確認し、住民でできること、行政に対応してもらいたいことを話し合い、防災に備えたいものです。火災対応の防災訓練はしてきましたが、土砂災害対応の訓練も必要だと思います。  


Posted by 中嶋 at 19:25Comments(0)中嶋

2009年11月25日

全自動洗浄・節水型トイレへの交換

トイレのパイプ等から水漏れし床も変色してきたので、トイレを変えることにしました。いつも利用している家電販売店さんが、タンクレスで全自動でおそうじもし節水にもなる最新のトイレを薦めてくれました。

従来のトイレは陶器製でしたが、新型のトイレは有機ガラス製で水あかがつきにくく、トイレに腰をかけて用を済ませた後に立ち上がると、10秒後には自動的に洗剤の泡が渦巻状に出てきて汚れを落としてくれます、1回に使われる水の量は従来13ℓでしたが、5.7ℓ(大)、4.5ℓ(小)と大幅に減りました。

タンクがなくなった分だけ広くなり、上下水道代が下がり、掃除も楽になるなど、トイレも様変わりしました。いつも清潔なトイレは気持ちがよいです。  


Posted by 中嶋 at 19:05Comments(0)中嶋

2009年11月22日

マウスが動かない

1週間前の日曜日、パソコンの起動後、マウスが動かなくなりました。パソコンが使えない一大事です。以前に同じ経験をしたとき、対応方法をノートにメモしました。「セーフモード」で起動する方法です。その方法を何度も試みましたが、マウスはピクリとも動きません。

そこで、NECの「121コンタクトセンター」に電話して対策を教えてもらいました。BIOSの初期化を指示通りに操作しましたが症状は変わりません。それではUSB接続のマウスを使ってみてくださいと云われたので、パソコンを購入した販売店からそのマウスを借りて動かしたところマウスが動きました。よかった!!。

早速、マウスのプロパティを開いてみると、「このデバイスは正常に動作しています」と表示されました。また、USB接続のマウスが動くということは、マウスのドライバも正常なはずです。USBマウスを購入すれば良さそうですが、今までのマウスも赤外線を発光しており使えそうなので、再度、NECに電話しました。マウスをキーボードから外して、パソコン本体に直接接続するように指示されました。すると、マウスが自由に動き出しました。ヤッター!!。

NECさん、家電販売店さん ありがとうございました。  


Posted by 中嶋 at 19:58Comments(0)中嶋

2009年11月19日

作業療法士 藤原 茂さんの仕事の流儀

一昨日、NHKテレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。作業療法士の藤原 茂さんがリハビリ介護施設に通所している方々と同じ目線で向き合っている姿に感銘を受けました。

高価なリハビリ機器を導入しなくても、通所者の心を動かせば身体は動くようになると、楽しそうな娯楽や趣味をリハビリのメニューに盛り込んでいます。驚いたことにカジノも夢中になるのでいいようです。廊下の壁には漢字の読み方クイズの紙が貼られています。答はその紙の裏の紙に書かれているため、腕を上げて紙をめくらなければならない、また、紙も高い位置や低い位置に貼ってあるため、姿勢を変化させなければならないなど、リハビリになるような工夫をされています。

身体の機能回復だけでなく人生を回復させる取組みでは、片手麻痺の女性が片手でも料理できる工夫をして、同じような境遇の人を教えるまでになり、人の役に立てたと実感したそうです。顔の表情も生き生きと輝いていました。「病気になったおかげです」とはなかなか云えないものです。身体の機能が元通りに回復しなくても人生は回復できるということを教えてくれました。

藤原さんの通所者への接し方は、一般社会でも参考になると思います。

  


Posted by 中嶋 at 21:06Comments(0)中嶋

2009年11月13日

客の立場に寄り添う店員

一昨日、いつも利用している家電量販店でパソコンのインクカートリッジを購入しました。イエローとマゼンダの使用済みカートリッジを持参して同じものを選びカウンターに持っていったところ、若い販売員さんが「イエローとマゼンダの適合機種が異なります、このままでは印刷に支障をきたすことがありますが、大丈夫ですか」と再確認を求めてきました。「今まで何度も同様に購入したが、何の不都合もなかった」と告げると、販売員さんがパソコンで今までの購入履歴を確認して、混在して購入していたことが分かりました。プリンター販売年毎にプリンターの機種とインクの対応リストを見せてもらい、プリンター購入時期とプリンターの写真からプリンターをほぼ特定することができ、その機種に適合するカートリッジを購入しました。「家に帰ってプリンターの機種を確認して、間違っていたら交換できます」と親切に対応してもらいました。売れれば良いという対応ではなく客の立場に立った対応に販売員のプロとしての気概を感じました。早速、家でプリンターの機種を確認したところ、販売店で想定した機種と合っていました。  


Posted by 中嶋 at 12:48Comments(0)中嶋

2009年11月12日

同期の元気な写真

先日、大学の同期からメールが送られてきました。東京在住の同期が広島市に転居することになったので首都圏在住の同期が集まって送別会を開きました。そときの様子を写真付きで報告してくれました。みんないぶし銀の良い顔をしていました。首都圏ではこんな集まりを年1回ぐらいやっているので、上京したときに連絡して貰えれば、それを口実に集まることができます。ときどき、お互いに情報交換しようという内容でした。同期の元気な写真から元気をもらいました。ありがとう。  


Posted by 中嶋 at 16:17Comments(0)中嶋

2009年11月05日

南沢地区防災講演会

11月1日、南沢福祉会館で標記の講演会が南沢連合町内会向け出前講座として開催されました。初冬を感じさせる肌寒い日でしたが、約60名の住民が参加しました。今年の2月頃、南沢地区の土砂災害避難地図が各家庭に配布され、その活用と防災知識を深めようと開かれました。

 最初は、防災の専門家で北大名誉教授の新谷融さんから、①近年の土砂災害事例を動画を交えて解説、②土砂災害の特徴(突発的、大きな破壊力)、③土砂災害の原因(豪雨、人間活動による土地改変)、④札幌市の土砂災害危険箇所、⑤土砂災害への備え(安全なまち(川)づくり、住民連携による自主防災)。

 北海道開発局 石狩川開発建設部からは、①南の沢川の土砂災害事例を写真付きで解説、②南の沢川の砂防事業の紹介、砂防施設として、床固工(勾配を緩くし、土砂の発生量を少なくする)、遊砂地(広い空間で土砂を貯め、土砂の流失を少なくする)、渓流保全工(護岸等により川岸の土砂が削り取られないようにする)、魚道(魚の遡上等を妨げないように魚道の設置)を整備中、進捗率は62%。

 札幌市危機管理対策室からは、①土砂災害の特徴(自然災害のうち人命を奪う割合が高いなど)、②札幌市の土砂災害への取組みとして、避難勧告等の判断伝達マニュアルの作成、土砂災害避難地図の作成、「地域連絡網」作成の普及啓発 が紹介されました。

 最後の質疑応答では、南の沢雨量観測所の観測データ公開、遊砂地に堆積した土砂の点検と除去、監視方法、砂防ダムの建設予定など、関心の高さを伺わせる内容でした。

 今日、学んだことを地域住民間で共有していきたいと思います。

参考:
 西区の八軒中央連合町内会東1ブロックは、10月24日から翌25日にかけて琴似中央小学校で避難・避難場所自主運営訓練を実施し、災害時要援護者避難支援対策を検証しました。
 国土交通省ではホームページで「土砂災害警戒避難ガイドライン」を公開しています。

  


Posted by 中嶋 at 00:27Comments(0)中嶋