さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年02月27日

環境に優しい街路灯

夜道を照らす街路灯に水銀灯とナトリウム灯が使われています。ナトリウム灯はオレンジ色の光なので暖かく感じます。藻岩山のスキー場やトンネル内の照明灯はナトリウム灯が使われているので遠くからもはっきり視認できます。当町内会では水銀灯を使っていますがナトリウム灯もいいなと思っていたとき
札幌市の予算が発表され、市設街路灯整備(LED等)に410,500千円付けていました。LED灯は水銀灯やナトリウム灯よりも電気料金やCO2排出量が大幅に削減され長寿命ですが、積雪寒冷地での実績が少ないため、札幌市では昨年の9月から今年の3月までの冬期間、西区発寒地区の生活道路で照明器具メーカーの協力を得て実証実験を行い、その結果をもとに「街路灯整備指針」を検討し、本年度中に3千灯をLED灯に交換するとのことです。実証実験の結果が出る前に予算化して大丈夫なのかと疑問に思い、札幌市の「市民の声を聞く課」に問い合わせと提案をしました。

10日後の先週末に担当係長さんら2名の方がわざわざ我家を訪問されました。正式な回答文書で丁寧に説明してくれました。内部資料も見せて頂きました。実証実験協力事業者は主要なメーカーを含む22社、現場確認に行くと業者さんにもばったり会うそうです。業者さんにとっても不具合を発見できたり他社との比較がでるのでいい実験場になっているそうです。札幌市が所管している電柱取り付け型の水銀灯12千灯を4年かけて毎年3千灯づつLED灯に交換していく予定です。
冬季の小規模な実験や日本照明学会の支援を受けて調査した結果からも本年度の導入は可能と判断されたとのことです。
また、実験結果と評価基準の公表をされるそうですので楽しみです。
メールでは数回のやりとりになるところ、面談では1回で済みました。ありがとうございました。  


Posted by 中嶋 at 15:45Comments(0)中嶋

2010年02月23日

確定申告

先週の金曜日、南区民センターで確定申告をしてきました。大きな会場に沢山のテーブルが並べられ、大勢の人達が係員に相談していました。作成してきた人は係員に提出し控えを貰うだけなのですぐ終わります。一階のロビーではオリンピック中継のテレビ観戦で盛り上がっていました。

昨年までは税務署から確定申告書・決算用紙を送ってきましたが、国税庁の確定申告作成コーナーを利用して確定申告書を作成してきたのでそれらの用紙は使いませんでした。そのような人には今年から確定申告のお知らせの葉書だけ送られてきました。

今年も源泉徴収票など必要な書類をそろえて、国税庁のホームページから確定申告書を作成しました。申告書の形式は昨年と異なっていましたが、入力する項目は変わらないので入力はスムーズにできました。気になる項目はその項目をクリックするだけで詳細な説明が表示されるので即座に確認できます。確定申告の説明書から知りたい項目を探すよりはるかに簡単です。

  


Posted by 中嶋 at 19:38Comments(0)中嶋

2010年02月21日

町内会の排雪

昨日、町内会の排雪がパートナシップで行われました。この日のために町内会費とは別に除雪費を収めてきました。我家では小型の除雪車とトラックを持っている近所の人に毎年排雪を頼んでいるので、この日に関わらずフェンスぎりぎりまで丁寧に排雪してもらっています。除雪だけしている家の歩道はうず高く積み上げられた雪山で完全にふさがれています。

この日は8:30頃から大型の除雪車と11トントラックが何台も狭い生活道路に入ってきて流れるように排雪していきました。圧雪した路面の雪も削りとり平坦な路面にしていきました。歩道も見えるようになり見通しが良くなりました。こんなに広かったんだと再認識させられました。
  


Posted by 中嶋 at 18:35Comments(0)中嶋

2010年02月18日

地デジが我家にやってきた

札幌では2006年から地上デジタル放送が始まりました。南沢地区は藻南デジタル中継局の開設に合わせて今年の2月10日から見れるようになりました。昨日、6年前に地上デジタル放送対応テレビを購入した電気屋さんに初期設定してもらいました。

アナログ放送の画面がテレビの画面一杯に広がり、色も鮮明になりました。音もクリアです。
チャンネル番号が変わったので少々戸惑いますが、これからはBSデジタル放送と同様に見れると思うと嬉しくなります。  


Posted by 中嶋 at 19:54Comments(0)中嶋

2010年02月14日

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀 岡田倫代

去る2月9日、NHKテレビで標記の番組を見ました。副題は「定時制高校、明日への一歩」。
岡田さんは定時制高校の教師です。定時制高校は昼間に働く若者が多かったが、今は不登校や中退などさまざまな事情を抱えた若者が増えているといいます。自分に自信が持てない多くの生徒に真正面から向き合っている姿勢に感動しました。

居場所つくり
 岡田先生の授業はゆっくり進みます。分からなければ繰り返し教え、さりげなく褒めることも忘れません。岡田先生は生徒への声掛けを大切にしているので、休み時間や放課後には、生徒が職員室に来て雑談を楽しんでいます。何でも話せる雰囲気つくりを心がけているのです。自分に自信が持てない生徒の心を癒し、自信を取り戻させてこそ、学習意欲はついてくると考えています。

ピアサポート
 岡田先生は放課後に「ピアサポート」という課外授業をしています。同世代の悩んでいる仲間にどう接しどう支えれば良いかを話し合います。相手の話を肯定的に捉え支えあうことによって「自分は役に立っている」という思いが生徒の中に育まれていきます。

寄り添いと見守り
 岡田先生は相談に来る生徒に対して、ああしろこうしろとは云いません。生徒の横にそっと寄り添い見守っていれば、次第に生徒は自ら考え、自ら進むべき道を見つけ出すと考えています。生徒の自主性を重んじているのです。心の奥に潜んでいる本質的な問題を話し出すのを辛抱強く待ち、心を開いて話しかけてきたとき優しく支えてあげます。生徒が本来持っている輝きを取り戻したとき、岡田先生は生徒に助けられたと云います。

岡田先生の人としての係わり方は、教育現場だけでなく家庭や社会にも通じる大切なことだと思います。先を急ぎ過ぎないで、ゆとりをもって支えあいたいものです。  


Posted by 中嶋 at 20:22Comments(0)中嶋

2010年02月10日

札幌雪まつり

昨日、雪祭りが行われている大通り会場に行ってきました。会場は1丁目から12丁目まで約1.5Kmに及びますが、4丁目から12丁目まで見て回りました。外人さんや大勢の観光客が大雪像や大氷像に感嘆し盛んにシャッターを切っていました。食の広場では道内各地等から名物が出店され、美味しそうな匂いや立ち昇る湯気に誘われ大勢の見物客が買い求め冷えた身体を暖めていました。

札幌のローカル放送では雪祭りの準備段階から製作段階まで放送していました。郊外の真っ白な雪を自衛隊のトラックで搬送、模型造り、雪像造り、市民からの差し入れなど。
実際に見てみると、目や鼻の穴などの黒い部分は立体的な陰影で表しています。動物の毛並みも本物そっくりです。ハワイのイオラニ宮殿は大氷像で、ライトアップによる光の輝きは幻想的で見事です。
12丁目は沢山の市民雪像が並んでいました。どれも同じ大きさの雪のブロックから切り出した個性的な雪像です。

雪祭りの見所は、完成品だけでなく、足場を組んで大勢の作業者が制作しているところ、クレーンで雪を積み上げているところ、期間中に降雪や降雨による傷みを補修しているところなどもあります。

自衛隊の雪像造りのノウハウを市民に教えたり、実演して解説してくれるとレベルアップに繋がると思います。また、スケートリンクや歩くスキー体験コースも設けられいましたが、本格的に始めたい人にはスケート場や歩くスキー場を案内することもあっていいと思います。雪祭りのオフィシャルグッツ販売コーナーに雪と氷のキャンドルなど北海道の素材をデザインした札幌スタイル認証商品も並べたら宣伝になると思います。  


Posted by 中嶋 at 19:33Comments(0)中嶋

2010年02月03日

学生時代のサークルのアルバム

学生時代のサークル仲間が出張で来札されたので、先週の土曜日、札幌在住のサークル仲間4人で歓迎会を行いました。昨年の9月に来札されたとき、札幌の仲間が持参してきた学生時代のサークル活動のアルバムで盛り上がりました。そのアルバムのコピーを青春時代の想い出としてもらいたい人がいたので、来札した人が原本のアルバムを預かってコピーしてきました。殆どがセピア色の白黒写真ですが、白黒よりも綺麗に写るカラーでコピーしてくれました。サークル室、演奏会、合宿、屋外などでの懐かしい情景が写し出されています。「演奏会は学生服姿で歌っていたんだ」、「目が輝いているね」と再確認したり、「この人誰だっけ」、「OOさんだよ」と教え合いました。卒業以来ご無沙汰している人も多いけれど、元気に過ごされていたら嬉しいです。  


Posted by 中嶋 at 19:55Comments(0)中嶋