さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年05月24日

北海道合唱団のロシア民謡とユーラシアの歌をたずねて

昨日、標記の音楽会が札幌サンプラザコンサートホールで開かれました。ほぼ毎年春にロシア民謡と歌曲を堪能できるので楽しみにしている音楽会です。ロシアの大自然を彷彿させる曲、人々の生活の喜びや悲しみなどを歌った曲が調和の取れた美しい混声合唱で歌われました。男性は女性よりも少ないもののしっかりと響いてきたのはさすがです。ステージ衣装は3回も着替えられ目も楽しませてくれました。

今年の特徴は、①前半の2部8曲がアカペラ、伴奏に頼らない生の人の声だけのハーモニーもいいものです。②ロシア民謡を3曲もロシア語で歌う。

客演指揮者で声楽家の中川速男さんが、客席から会場中に響き渡る声で歌いながら登場したのにはびっくりしました。一人の声量に圧倒されました。トークは気さくで楽しく客先から笑い声も起きました。ロシア民謡は時代や状況によって歌詞やメロディを変えてもいいことを知りました。中川さんの熱心な指導で合唱団がスペルや発音に苦戦しながらも原語のうたに挑戦されたことに敬意を表したいと思います。特にブォルガの舩曵歌は近づいて遠のいていく遠近感や漕ぎ手の力強さが伝わってきました。ロシア人の歌に近づけたと思います。

後半の3部7曲はピアノ伴奏付きでアムール河の波などバラエティに富んだ曲を曲想に合わせて歌っていました。
最後は木内宏治さんの指揮で灯火を全員合唱しました。リハビリ中の木内さんのしっかりした指揮に涙ぐむ人もいました。来年も楽しみにしています。  


Posted by 中嶋 at 20:53Comments(0)中嶋

2010年05月21日

屋外配水管改修に満足しました

先日、業者に台所、洗面所、お風呂の配水管を高圧水で清掃してもらった後、屋外の配水管も清掃してもらいました。こんなにも汚物が流れてくるのかと驚かされました。コンクリート製の蓋は開けたことがなかったので分かりませんでしたが、周りの隙間から泥や草が入り込んでいます。草は配水で生長し枡の周囲にびっしり張り付いていました。配水管を清掃すると徐々にきれいな水になっていくはずですが、一部の配水管から土砂の流出が止まりません。業者の説明によると、配水管が破損している可能性が高いとのことです。

そこで、その配水管を取り替えることにしました。配水管周りの土砂を掘り起こし、エンビ製の配管に換えました。工事中は水の使用を我慢しましたが、工事の完了後に見せてもらったところ、予想以上に良くできているので満足しました。コンクリート製の大きな蓋がエンビ製の10cm程度の小さな蓋になったので目立たなくなり、密閉した状態になりました。また、埋め戻した後に砂利を敷き詰めてくれました。工事請負契約書にはクーリングオフの説明が大きな字で印刷されていました。丁寧な工事と説明に満足した業者さんでした。それにしても一軒家ともなると配水枡が6個も必要になるのかと再認識させられました。  


Posted by 中嶋 at 19:08Comments(0)中嶋

2010年05月17日

北国の春爛漫

先週末からやっと春らしい陽気になり、北国の花々が一斉に開花しました。中ノ沢南沢通りの桜並木、チューリップが通りを明るくしています。ご近所の庭のモクレンは白いふっくらとした花、レンギョウは黄色い花を満開に咲かせています。たんぽぽやふきなどはあちこちで見られます。先日、千葉から来られた大学の先輩が、一斉にいろいろな花々が開花していることに驚いていました。コバルトブルーのエゾエンゴサクの群生は内地では見られないそうで、いたく感動していました。北国の短い春を満喫されたようです。  


Posted by 中嶋 at 11:23Comments(0)中嶋

2010年05月10日

町内会の春の清掃

昨日、町内会で生活道路と排水溝を清掃しました。8日前にけがしたので今回の清掃は無理だと思っていましたが、回復してきたので参加することにしました。8:30に外に出ると、既に近所の人達が箒で路上の落葉や土砂を清掃していました。スコップで排水溝内の泥などを掻き出している人もいました。急いで4月から代わった班長さんの家に行って排水溝用の清掃道具を借りてきました。春は滑り止めの土砂や小石が泥水を一杯含んで重いため次第に足腰に効いてきました。それでもなんとか7箇所の排水溝を清掃しました。掻き揚げた土砂や小石は水分が少なくなった頃、近所の人がスコップで麻袋に入れて、台車に載せてゴミステーションに運んでくれました。最後に排水溝周りをホースの水道水で綺麗に洗い流していました。80歳を越えた横田さんに数箇所の土砂を麻袋に入れてもらいましたが、「いつまでできるかな」と寂しそうに話してました。作業を見守ってくれた人から「綺麗になった」と喜んで貰い嬉しくなりました。

近所の人達がお喋りしながら、自分たちの住んでいる地域をきれいにしました。
  


Posted by 中嶋 at 19:33Comments(0)中嶋

2010年05月03日

真駒内公園のカタクリは見ごろです

今朝の道新は真駒内公園で行われたカタクリ観察会の様子を紹介していました。真駒内公園は近いので見に行ってきました。85haの広大な公園には広い芝生、3Kmと5kmのジョギングコース、約10kmに及ぶ散策路、公園内を流れる真駒内川、白樺やトド松などの林。自然が豊かな公園を散策していると、ランニングしている人に追い抜かれたり、広い芝生で親子連れが楽しそうに遊んでいる光景を目にします。

奥の方の丘陵部にさしかかると、カタクリの群生地を示す看板が出ていました。笹が生い茂っている隙間に紫色の小さな花が顔を出していました。カタクリの群生を保護するために斜面の散策路にはロープが張られていました。すでに大勢の人がカメラで可憐なカタクリを写していました。その斜面一杯に紫色のジュータンが敷き詰めたられているようです。木漏れ日の優しい日差しに照らされて本当に綺麗でした。始めて見る花でしたが、反り返って咲いているものもありました。しばし時間を忘れて眺めていました。

公園内の群生地では市内最大級だそうです。開花時期はごく短いのでお早めにご覧ください。  


Posted by 中嶋 at 14:58Comments(0)中嶋

2010年05月01日

山菜観察でけが

東海大学公開講座の「山菜観察と試食会」がキャンパス内で行われました。あいにく小雨が時折ぱらつく空模様でしたが、170名を越える参加者で大盛況でした。町内会の高島さんや大坂さんも来ていました。去年に続いて友達が麻布から1時間以上かけて自転車で来てくれました。
4月は雨や雪の日も多く寒かったため、山菜の生育も遅れているとのことです。足元が悪いので長靴をはいてこられた方も目立ちました。西村副学長の案内で樹木が生い茂る光風園に入りました。先頭から最後尾までは100m程の長い列になりました。HBCテレビも取材で付いて来ました。東海大学の学生や職員もスタッフとして気を配ってくれました。見所では西村先生が毒草との見分け方や生態について解説してくれました。去年までは気が付かなかった水芭蕉も見られました。雪解け水がさらさらと流れる湿地に大きな白い仏炎苞とそれに包まれた穂は実に優雅で癒されます。コバルトブルーのエゾエンゴサクの群生は楚々として綺麗でした。次に向ったのはサッカー場近くの斜面。オオイタドリの赤みを帯びた芽を採りました。確かに去年よりは小さいが美味しいそうです。

と、ここまでは楽しめましたが、斜面を飛び越えて道路に出ようとしたとき、滑ったのか勢いあまって道路で転んでしまいました。手の平、膝、顔の頬を擦りむいていました。近くにいた人に「大丈夫ですか」と声をかけられました。たいしたことないと思って歩いていると急に気持ち悪くなり立ち止まってしまいました。東海大学の体格のいい人が見かねて坂道をおぶってくれました。長いすで休ませて頂いていると、救急車が呼ばれたので、友達に同行して貰い近くの整形外科病院に行き処置して貰いました。レントゲンの結果は異常がなく、傷口を消毒し包帯でぐるぐる巻きされました。先ほどの大学の人も病院まで駆けつけてくれました。かみさんにも電話してくれたので、かみさんはどうなったのかとあわてて駆けつけました。顔を見て少し落ち着いたようです。友達は楽しみにしていた試食会に出れなくて申し訳ないことをしてしまいました。大学の人にも誠意ある対応をして頂き感謝で一杯です。ありがとうございました。  


Posted by 中嶋 at 19:40Comments(0)中嶋