さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年07月26日

ゴミステーション当番

先週はゴミステーション当番でした。違反ゴミとして残されていたゴミ袋はありませんでしたが、雑紙の日にダンボールが出されていました。ダンボールは月1回の町内会の資源回収の日を利用してもらいたい。ゴミ収集車が持って行ったようですが困ります。

眠い目をこすりながら6:50頃にゴミステーションをセットしに行きますが、ちょっと遅れていくと、朝一番に出しに来た人がセット中でした。申し訳なく思いましたが、気がついた人が助け合う「お互いさま」は嬉しくなります。

7時前に自家用車で出勤する人もいます。会社員時代に埼玉から東京を跨いで神奈川まで出勤していたときは、2時間かかったので7時の電車に乗っていたことが思い出され、思わずご苦労様と云いたくなりました。朝の空気は新鮮ですよ。  


Posted by 中嶋 at 11:58Comments(0)中嶋

2010年07月19日

南沢地区のラベンダーまつり

一昨日、東海大学で標記のまつりが開催されました。7月に入ると中ノ沢南沢通りのラベンダーロードや家庭菜園で植栽しているラベンダーも薄紫の小さな花々が見頃を迎えます。東海大学の3,600本のラベンダーは緩やかな傾斜地に植えられているので、下から見上げても上から見下ろしても見事です。近づいて見ると、蜂が花の周りを飛んでいました。記念写真を撮っている人、撮られている人、ゆっくり散策している人、どななたもラベンダーに癒されて和やかな表情をしています。

学生時代の友達が5月の山菜採りに続いて今回も自転車で駆けつけてきました。2人でラベンダー畑を歩きながら、種類の違いを感じ取ったり、ラベンダーキャンパスの歴史を伝えたりしました。
楽しみにしていた南沢蜂蜜は残念ながら販売されていませんでしたが、近隣の畑で作られた野菜や蕎麦などが販売されていました。

13:30からは当大学の吹奏楽部による第七回ラベンダーコンサート。青いTシャツのユニフォームを着た33名の部員による若々しい演奏で楽しませてくれました。オープニングは3年前にこのコサートのために作られたラベンダー・マーチ。StandAlone、また君に恋している、ピンク・レディー・メドレーとお馴染みの曲が続きました。楽器演奏だけでなく、合唱「道」は合唱団の演奏かと思わせるほどハーモニーがきれいでした。ドラム担当の学生は伸び伸びと楽しんで叩いていました。音も揃っていて昨年よりレベルが上がっていました。椅子席だけでなく周りの芝生を埋め尽くすほど大勢の人達で溢れていました。

14:20からは国際交流会館マルチメディアホールで「ハーブの香りの医療への活用」フォーラムが開かれました。ターミナル整形外科院長の山崎潤氏による「医療におけるアロマセラピーの臨床効果」では、ラベンダー、ペパーミント、グレープフルーツなどを治療に用いたアロマセラピーの効果を臨床データに基づいて話されました。
東海大学副学長の西村弘行氏から東海大学と上富良野町観光協会がラベンダー製品の研究開発などで連携したことを紹介された後、「植物精油の中枢薬理作用」で副交感神経に作用する鎮静作用を活用した製品が開発されていることなどが話されました。
質疑応答では、ラベンダーの根腐れ病の対策について西村氏から回答がありました。

ラベンダーは8月初旬まで見頃が続きます。どうぞ夏の香りラベンダーを見に来て下さい。  


Posted by 中嶋 at 13:46Comments(0)中嶋

2010年07月11日

食べごろのサクランボ

先週末に八剣山パークゴルフ場に行ったときは、食べごろの赤い実とまだ食べられない黄色の実が混じったサクランボを見かけましたが、近所でもサクランボを数本植えているお家の庭に赤い実のサクランボがたわわに実っていました。お友達か近所の人を呼んで、楽しそうにサクランボ狩をしていました。
外から見かけるだけでも和やかな気持ちになりました。
  


Posted by 中嶋 at 18:37Comments(0)中嶋

2010年07月04日

初めてのパークゴルフ

北海道合唱団友の会主催のパークゴルフ大会が八剣山パークゴルフ場で行われました。送迎バスで18名、自家用車で6名が参加しました。私は送迎バスが真駒内に寄ってくれたので真駒内から乗り込みました。会場に着くと、既に駐車場はほぼ満杯でプレーしている人達が大勢いました。幹事さんからグループ分けとルールの説明があり、スコアカードが渡されました。ゴルフは18ホールですが、パークゴルフは9ホールで、2コース18ホールを回ります。最初に全員の記念写真を撮りました。

コースに出ると、緩やかな斜面の芝が綺麗に刈り取られていました。各ホールの距離は22mから73mと短く、コース間が接近していました。我がグループは2名の経験者と2名の初心者でプレーしました。差は歴然としていましたが、リーダーがコース毎に打ち方のアドバイスをしてくれました。ボールの上面を叩き距離が出なかったり、最後までボールから目を離さないでと云われながらも空を切ってしまったり、手加減が難しく弱かったり強かったりと、悪戦苦闘しましたが、たまに上手くいくこともありました。先に打った人のボールに当たったこともありましたが、経験者はそれを避けるためにマーカーを置いていました。ゴールから2~3m残した位置で見事にゴールしたときは皆で喜びました。失敗しても次の打ち方をアドバイスしてくれました。
このコースの特徴はサクランボの木があちこちにあることです。赤みを帯びてきらきら光って美味しそうなサクランボは自由に採って食べてもいいそうです。

プレー終了後はジンギスカンをいただきました。冷凍された羊の肉ともやしなど野菜も一杯ついていました。各テーブルでは炭火で焼きながらプレーの話で盛り上がっていました。宴もたけなわの頃、集計結果が出たので各賞の発表があり一段と盛り上がりました。なんと一等賞は57点で我がグループのリーダーでした。最下位は100点の私でした。参加賞も用意され全員に渡りました。会場のオーナーから採りたての野菜が7袋も提供され女性陣で分け合っていました。
来年以降も定例行事にしようと呼びかけがありました。幹事の皆さんありがとうございました。

町内会で年1回のパークリングを経験していたので、なんとかなるかなと思っていましたが、実際にコースに出て練習しないと上達しないことが分かりました。機会を見つけて取り組みたいものです。  


Posted by 中嶋 at 21:46Comments(0)中嶋