さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2011年04月25日

東海大学公開講座の山菜観察と試食会に参加しませんか

標記の催しが今年も東海大学で5月7日(土)に開催されます。きさくな西村弘行教授(東海大学副学長・生物理工学部)の案内で大学内の自然林に自生する山菜の説明を受けられます。食べられる山菜と食べられない山菜の見分け方も教えてくれます。今年はどんな山菜が見られるのか楽しみです。その後、教室で北海道で見ることができる山菜の種類やそれらの特徴などの講演があります。
採り立ての山菜は天婦羅に調理され食堂で頂きます。春の味覚を十分に味わうことが出来ます。

日時:5月7日(土)10:00~
集合場所:東海大学の右側玄関
料金:800円
申込期間:4月25日~4月28日
     9:30~16:00
申込先:東海大学 TEL 571-5111

なお、自然林内は坂になっているので、滑らない靴を履いて来てください。  


Posted by 中嶋 at 12:38Comments(0)中嶋

2011年04月17日

町内会の定期総会

昨夜、標記の総会が南沢福祉会館で行われました。今年は2年任期の役員改選が行われるため昨年より多い43名が出席しました。会長さんの挨拶に続いて、定期総会議案書に基づき平成22年度経過報告と決算報告の説明があり了承されました。

続いて平成23年度事業計画(案)の説明後、質疑応答が行われ除雪会計について活発な議論が行われました。町内会では一般会計とは別に除雪会計もあり、排雪事業用の会費も徴収しています。その残高が毎年増加しかなりの額になっているので会費を徴収しない年を設けるか会費の減額が提案されました。過去に除雪会費を1年間徴収しないこともありましたが、次の年に徴収を復活したとき役員さんに苦情が寄せられ説明に大変ご苦労されたそうです。また、かなり前に会費を今より低くしていたときは残高が殆どなかったので今の会費に上げたそうです。降雪量が多い年は年に1回のパートナーシップによる除排雪では間に合わなくなり、町内会独自で除排雪をしようとすると、それに相当するだけの残高が必要になるからだそうです。また、最近は個人で排雪業者に依頼している家も増えてきて除雪会費を収めたくない人もいるそうですが、町内会の全ての生活道路を除排雪しないとスムーズな通行ができないことを分かってもらいたいと云っていました。この件は新役員さんで検討して頂くことになりました。

最後に新役員が選出され一人づつ紹介されました。これから2年間宜しくお願いします。できるだけ協力します。
総会の後は懇親会でお酒やお弁当が出され同じテーブルの人と談笑していました。  


Posted by 中嶋 at 19:01Comments(0)中嶋

2011年04月15日

母はホーム生活に慣れてきました。

母が介護付有料老人ホームに入居してから1ヶ月経ち、少しづつホームの生活に慣れてきました。一軒家の暮らしが長かったので、ホームの暮らしには戸惑いを見せていましたが、趣味の習字や絵手紙も書き始め、自分らしいペースを掴みつつあります。食堂の壁に達筆な筆遣いの習字が貼られているのを見て、母は自分で書いた習字や絵手紙も貼ってもらいました。庭に咲いていた春を真っ先に告げる蕗の薹を持って行くとそれを絵手紙の題材にしました。バナナを買っていくとこれも絵手紙に描こうと張り切っています。オセロも得意です。ホームの若いスタッフさんが時間の合間を見て相手をしてくれるのでありがたいです。
ホームでは週に1回体操をしていますが、デイサービスでの体操に比べたら軽すぎるとかで、リハビリで教えて貰った体操を自分の部屋でやっています。
また、同じフロアで話し相手が見つかったといって喜んでいます。

ホームで月に2回訪問診察を受けています。先生と看護師さんが部屋で血圧を測ったり聴診器で診てくれます。排尿と排便の状況は毎日記録しているので、先生に報告してアドバイスをもらいます。先生は母の言うことをよく聞いてくれるので、なんでも遠慮なく云えるようです。  


Posted by 中嶋 at 12:25Comments(0)中嶋

2011年04月09日

のこぎり音楽のライブ

昨日、市役所のロビーで琴似屯田兵村 実行委員会が主催した「うたとのこぎりのコンサート」を聴いて来ました。演奏はギターが古館賢治さん、うたとのこぎりがカポウさん、アイヌ民族楽器のトンコリとムックリがToyToyさんの3人編成。「ミュージカル・ソウ」というのこぎりの生演奏は初めて聴きましたが、のこぎりで弦楽器のような響きを出せることに驚きました。やわらかく澄んだぬくもりのある音色に聴き惚れてしまいました。故郷など数曲演奏されましたが、東日本大震災の後だけに、心にじーんときました。
トンコリとムックリの演奏も初めて聴きましたが、素朴な中にも神への畏敬の思いが感じられました。
昼のひと時、珍しい楽器の演奏を楽しませてもらいました。  


Posted by 中嶋 at 17:44Comments(1)中嶋

2011年04月03日

母は90歳になりました

母はホームに入って半月後の3月末、無事に90歳の誕生日を迎えました。おめでとう。疲れやすくなってきましたが気持ちだけはいたって元気です。妹の家族は母を薄野のちゃんこ鍋の店に連れて行ってくれました。千葉の弟の家族からはプレゼントが贈られてきました。子供たちから祝福される母は幸せ者です。

ホームに入って間もなく1ヶ月になり、少しずつ周りの様子が分かってきたようです。介護レベルが高い人や認知症の人もいますが、介護スタッフの皆さんは温かくお世話をしています。デイサービスに通っていたとき、絵手紙や習字、オセロなどで楽しんでいましたが、こちらではやる人がいないと寂しそうにしています。母とオセロをしましたが、勝利のツボを心得ていて負けました。頭の運動になるようです。

部屋は妹が何日も通って整理したり、絵手紙や習字、絵画などを壁に貼ったりして母らしい雰囲気の部屋になりました。姪がカレンダーに書いた「好きなことを大事に」のように過ごして貰いたいです。  


Posted by 中嶋 at 12:30Comments(0)中嶋