さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2012年01月30日

座談会ー東日本大震災に思う

一昨日、大学時代のサークル卒業生の会の主催で標記の座談会が開かれました。サークルは来年で創立50周年を向かえるので、卒業生はいろいろな専門分野で活躍しています。座談会はそういった経験をじっくり聞き、交友の絆を深め好奇心をいつまでも持ち続けたいという趣旨で昨年から始まりました。今回は岡田弘北大名誉教授が「自然だからと、あきらめてはいませんか?」という題目でお話をされました。貴重な話が聞けるというので、東京から駆けつけてきた人や友達を誘ってきた人も含めて26名が参加しました。

地震と火山の専門家として昨年の東日本大震災を検証されました。
本当に「想定外」だったのかという面から切り込み、環太平洋では過去100年間にマグニチュード9以上が6回目になる、2004年のインド洋津波、1896年の明治三陸地震など、日本が地球の活動帯に位置していることから「起こりえる」と想定できる。さらに中央防災会議は2006年に連動型大地震を三箇所で想定していた。

次に、犠牲者をもっと減らせなかったかという面から、津波情報が出された経過を説明された。岩手沖の東大の海底津波計は海面の異常な上昇を捉えていた。海岸では2~3倍に増幅されるので、この時点で最大警告が可能だった。津波防波堤が守ってくれる、避難警報が出されても外れることが多かった、ハザードマップ上の安全な地域にいる、などにより避難行動が遅れた。自衛隊や民間の航空機を迅速かつ的確に利用して被災把握と救助・救援をする必要があった。

最後に、なぜ多くの災害弱者が助かったかという面から、子どもたちへの防災教育が生かされたことについて触れられた。日頃からの訓練、想定にとらわれないでその場で出来る最善の方法を自主的に判断し、率先して避難したことで、周りの人達もついてきた。自分たちだけでなく親や周りの人達も救うことになった。群馬大学大学院教授の片田敏孝氏が釜石の小中学校で先生たちと協力して取り組んできたことが生かされた。津波に備えるのは当たり前という安全文化を地域社会に築き根付かせることが必要だ。

岡田さんは豊富なデータと分析結果やマスコミなどの記事も使って分かりやすく熱く説明してくれました。2、3日でも話せると云うぐらい映像も含めてパソコンには貴重なデータが一杯入っているようです。災害から学び、次に起きる災害に備え、行動することの必要性を防災の専門家、国、自治体、学校・職場・町内会、家族などが一体となって再認識しましょう。  


Posted by 中嶋 at 17:54Comments(0)中嶋

2012年01月22日

道路の雪と屋根の雪

道路脇の雪山は1週間前までは縦も横も2m近くありこんもりとした白い山になっていました。そのため2車線あった道幅は1車線にせばまり、車のすれ違いができない程になったので、人も車も細心の注意を払って行き来していました。1週間前になってやっと道路の排雪が行われ見違えるように道幅が広くなり見通しが良くなりました。これで人も車も安心して通行できるようになりました。生活道路の排雪は今年も近所の人にやってもらっています。

民家の屋根は、雪が落ちやすいように急傾斜にしているところは屋根に雪が溜ることなく落ちて行きますが、緩い傾斜の屋根には雪が積もって雪庇ができています。その雪庇は次第に大きくなり1m以上になるところもあり、雪の強い粘着力に驚かされます。水平な屋根に積もった雪も風に吹かれて雪庇ができます。屋根の雪は地上に積もった雪の上に落ちるので敷地内の雪より高くなり、窓から外が見えなくなります。そこで、屋根から落ちてきた雪などを敷地内の雪堆積スペースに移すようにしています。硬くなった雪をスコップで掘り出し、雪堆積スペース目掛けて投げますが、結構な重労働で息が切れるので休み休みしています。去年まではいい運動だと思っていましたが、今年は辛い労働に変わりました。  


Posted by 中嶋 at 17:46Comments(1)中嶋

2012年01月16日

町内会の新年会

昨夜、恒例の新年会が南沢福祉会館で盛大に行われました。冬の新年会は初夏のジンギスカンパーティと並んで地域の人達が最も楽しみにしている懇親会です。昨夜は大人が72名、子どもが10名の82名が集まりました。送迎バスで送り迎えするようになってから参加者が増えました。この地域に住むようになって8年になりますが、かみさんが始めて参加しました。前日から着ていく服を選んだりと気合が入っていました。

暖房の効いた会場に入ると、既に大勢の人達が和やかに談笑していました。役員さんたちはお弁当やお酒などの配置に駆けずり回っていました。テーブルにはいつもより豪華なオードブルも並んでいました。会長さんの挨拶、乾杯の後、お弁当とオードブルを頂きながら隣同士で話が弾んでいました。女性部長さんが手配した料理はどれもとても美味しかった。一升瓶のお酒も勧められました。かみさんは晩酌をやっているので遠慮なく注いでもらっていました。宴もたけなわになった頃、ビンゴゲームが始まりました。司会者が読み上げる番号に一喜一憂していましたが、次第に当たる人が出てきました。ビンゴになった人が「ビンゴ」と大きな声を出して嬉しそうに景品をもらっていました。全員に景品が当たるまで続けられました。続いてカラオケが始まり、かみさんが真っ先に歌いました。戻ってくると同じ班の人達から「良かったよ」と声をかけられ喜んでいました。歌にあわせて男性同士でダンスする人も現れ、歌っている人よりも多くの視線を浴びていました。会場はますます盛り上がり笑い声で包まれました。
抱えきれないほどの景品を持って帰りのバスに乗り込みました。バスを降りてそれぞれの家に着くたびに挨拶を交わして別れました。役員の皆さんお世話になりました。  


Posted by 中嶋 at 12:10Comments(0)中嶋

2012年01月02日

第3次札幌まちづくり計画のパブリックコメントの結果

自分も15件の意見を提出した標記の結果が12月20日に公表され、計画は策定されました。それによると意見提出者は132人(団体を含む)、意見総数は300件(その内、類似意見は68件)。五つの政策、300の事業に対して最も多く寄せられた意見は子育て関係で35%を占めています。今回は小中学生向けのパンフレットを全小中学校に配布し429人から意見が提出されたとのことです。

パブリックコメントの結果は意見毎に「意見の概要」と「市の考え方」を並べて示していました。計画の事業内容は1事業につき1~4行の短文にまとめているので、事業の必要性、効果、妥当性などが十分に示されていないものもあるように思いました。主な意見は、①支援や利便性の向上、②お金をかけない、③現状認識を十分に、④具体化、⑤現状の制度や利用状況などの周知、⑥制度や助成が十分に機能しているかの検証、⑦新たな取組みの提案、など。それらに対する市の考え方は、①詳しい説明、②必要性、効果、妥当性の説明、③利用者負担の軽減につながるように制度の見直し、④質の向上に努める、⑤今後の施策の参考、⑥別の計画で参考、など。

意見の中に名称のイメージが良くないものとして、認可外保育施設の「認可外」、心のサポータの「心」が挙がっていました。なにげなく受け取っていましたが、サービスを受ける立場の人に細やかな配慮が求められていることに気付きました。市で名称変更について検討するそうです。
また、避難場環境整備についての質問「賞味期限切れ備蓄品の扱い」に対して「賞味期限が切れる1年前に、総合防災訓練の参加者に配布するなど、家庭内備蓄の啓発用として有効活用している」と回答が得られ安心しました。そのことを知らない人にも周知してもらいたいと思います。

市の考え方について疑問点もあるので、更に意見交換が出来る仕組みを作って相互理解を深めよりよい事業にしていけたらと切望します。また、事業内容の説明は、①なぜ必要か、②何をするのか、③どんな効果が得られるか、④対象者はどういう人達か、⑤市が行うことの意義や役割、などを押さえて、短文で説明しきれない部分は、補足資料で参照できるようにしてもらえるとありがたいです。

パブリックコメントのうち計画に反映されたのは10件、そのうちの1件は自分の意見で用語に注釈が付け加えられました。他の9件もほとんどは分かりやすくするための修正でした。
引き続いて、どのように実行されていくのか見守っていきたいと思います。

  


Posted by 中嶋 at 16:46Comments(0)中嶋