さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2012年09月27日

航空機とホテルの予約の難しさ

9月15、16日に旭川で開催された北海道のうたごえ祭典の合唱発表会に参加しました。その審査結果、私たちのサークルが、11月に広島で開催される日本のうたごえ全国交流会の合唱発表会<交流の部>に推薦されました。選出されたのは嬉しいけれど、予想していなかったので戸惑いました。早速、広島に行けるメンバーを募集したところ、17名中7名だけと寂しいですが、いろいろな困難を乗り越えて参加してくれるメンバーには敬意を表します。自分も参加したかったが、家庭の事情で参加できないのは申し訳なく思っています。行くメンバーが決まったので、早速、広島までの航空機とホテルの手配をしました。2日前に予め航空機とホテルの空き状況を確認していましたが、いざ予約をしようとすると、安い便の航空機は少なくなっていました。なんとか6名分の席は確保できました。ところが、ホテルは50件以上インターネットで調べたところ、休日前後は取りやすかったが、休日中の連泊はどこも空がありません。検索条件で料金の上限を外してもありませんでした。広島にいる友人に頼もうと思い電話しましたが、難しいとのこと。なんとしても予約をとりたいので、実際に広島に行くメンバーに朝食がついていなくても構わないか、シングルでなくてもいいかを確認しました。それでも良いと言うので、もう一度検索すると、かろうじて1件だけ見つかり早速予約を入れました。一日で携帯電話の電源が切れそうになりましたが、全て予約できてほっとしました。行くメンバーには楽しんできてもらいたい。  


Posted by 中嶋 at 13:53Comments(0)中嶋

2012年09月10日

集中豪雨で必死の雨水汲み

昨日は朝から集中豪雨に見舞われた。雨脚が強いので、上の家の擁壁を伝わって次から次へと雨水が下のピットに勢いよく流れ雨水枡に入っていく。雨水枡から溢れ出た雨水はもう一方のピットにも流れれていく。暫くすると、ピットも溢れ、ピットが見えなくなり、下の家の敷地に流れ落ちていった。
豪雨の中、傘をさしながらポリバケツで雨水枡から雨水を汲み上げ、道路の雨水枡まで運ぶ作業を何度も繰返したが、一向に雨水枡の雨水は減らず疲れてきたので、道路の雨水枡まで行かないで我家の草木に投げ捨てた。下の家のご主人が出てきて「床下浸水するから早く流れてこないようにしてくれ」と苦情を云われた。流れ落ちるところに小石を拾い集めて積んだが、その横や上からも流れていき、あまり効果がない。下の家のご主人は敷地内の下水用の蓋を開けて、雨水がそこに流れ落ちるようにしてくれた。元を断つため、ピット上の雨水をポリバケツで汲んでは捨てるという作業を必死に繰返した。2時間ほど経った頃、雨がやんできたので、傘をささないで雨水を汲み上げては捨てるという作業を続けていると、ピットが見えてきたので、大きめのビニールのコップで雨水を汲み上げてポリバケツに入れ道路の雨水枡に捨てる作業を続けた。雨水枡に溜った泥も汲み上げ、底が見えそうなぐらいになった。作業を終えると、全身びしょ濡れ、長靴の中にも雨水が入りびちょびちょして気持ちが悪い。風呂に入ってすっきりしたが、翌日になって足腰の筋肉痛が出た。

我家は上の家と下の家の中間にあるので、下の家の人にとっては我家の敷地から雨水が流れてきて迷惑だということになる。我家にとっては上の家の敷地から雨水が流れてくるので迷惑だということになる。ご近所同士で上手い解決方法はないだろうか。悩ましい問題が発生した。  


Posted by 中嶋 at 16:33Comments(0)中嶋