さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2013年04月25日

義父の逝去

義父(家内の父)が亡くなった。旭川の義母から義父が肺炎で入院したと知らせてきたが、その後、容体は安定していると連絡があったので少し安心していた。近いうちに胃瘻にする予定もあったが、その前に急に亡くなった。その知らせを聞いた家内は悲しみに堪えられず泣きながら義母の家に急いで向かった。家内から葬儀の日程を知らせてきたので、ペットを預ける手配をし、横浜の長女と仙台の次女に連絡した。ショックを受け落胆した様子が電話を通して伝わってきた。葬儀には出なくてもいいと云ったが、最後の顔を見たいと泣きながら家内に電話してきたそうだ。急遽、飛行機で来ることになった。思いがけず2年ぶりに娘たちと次女の孫に会えることになった。通夜の前日の深夜に旭川に行き、翌朝、義母にあいさつした。義母は看病疲れですっかり痩せていた。柩の窓から覗かせてもらうと、眠っているようで実に安らかな死に顔だった。精一杯生きてきた誇りを感じた。義父の妹さんが数日前から泊まり込みで来ていた。義母の傍で話し相手になったりして励ましていた。なんて素晴らしいことだろう。親戚の人が車で続々とやってきて賑やかになってきた。初対面の人が多いが、義父の思い出話で盛り上がった。「義父と一緒に昔の写真を見ながら当時の話を聞かせてもらうのが楽しみだった」、「年賀状に昔の頃の話をしたいと書いてあったので、ここに来て2日間夜遅くまで話をしたので、思い残すことは何もない」、「顔を叩いてくれと言われ、軽く叩いたが、もっと強く叩いてくれと云われた。今考えるとそれが感謝だったのかもしれない」。

娘たちも駆けつけてきた。義母が柩の中の義父に「遠くから来てくれたんだよ」と話しかけると、娘たちはしっかりとおじいちゃんの顔を見つめ涙ぐんでいた。孫娘は「可哀相だね」と神妙な顔をして云う。
斎場には、親戚の他にも元の職場の人、町内会の人、老人会の人など大勢の方が参列していた。妹夫妻も札幌から来てくれた。妹は次女の仙台での結婚式で義父に会っている。葬儀委員長は義父が生前から指名していた人で、弔辞の中で義父の経歴、特技などを紹介した。
翌日の葬儀では、家内が出棺前のあいさつをした。前日、義母から繰り上げ法要の挨拶を頼まれた。雛形に一番言いたいこと(これからも義母へのお付き合いをお願いする)を追加して発表した。ペットを引き取るために家内と娘たちより一足先に札幌に戻った。娘たちや孫が来て賑やかな楽しいひと時をもてた。
義父が安心できるように、残された者は力を合わせて幸せになるように務めたい。  


Posted by 中嶋 at 18:01Comments(0)中嶋

2013年04月09日

地域みんなの町内会にしよう

 一昨日、町内会の定期総会が南沢福祉会館で開催され45名が参加した。町内会の世帯数は113で、委任状を含めて総会は成立した。議案書に基づいて、平成24年度の事業報告、決算報告、会計監査報告、平成25年度の事業計画案、事業予算案が報告され、質疑がなされた。主な質疑は、①夏休みラジオ体操は子供の参加者が殆どいないため中止にしたが、本年度は参加形態(大人だけでもやるか)を含めて新役員会で検討することになった。②防災部の昨年の決算は0なのに、今年が0でない理由は今までの慣例で予算化したが、街灯の整備としてLED化を検討してはという提案があった。また、防災備品の拡充、防災倉庫の位置変更についての提案もあった。主な要望は、①雪解け後のデコボコした生活道路の整備を市に要請してもらいたい、②消火栓周りの除雪を町内会としてどう取り組むかを決めてもらいたい。最後に役員改選が行われ全員が信認された。新しい役員さん宜しくお願いします。

 ここで、議案書について改善提案をしたい。①役員会の出席率を示すこと、②各部の事業報告一覧表の備考欄に空白が目立つので、行事に参加したのかしなかったのかや、参加者や人数など記入すること。決算報告では、①支出内訳は関連項目をまとめて並べること、②備考に具体的な明細を書くこと。町内会はどんなことをやっているのかを総会欠席者にも分かるように書いてもらえるとありがたい。

 体育部長さんが「連合町内会大運動会の参加者が少ない」と問題提起されたが、親睦会に比べて1/4ぐらいの参加状況になっている。参加しない人に運動会の様子や面白さを伝えるとか、興味を持ってもらえるようなことを取り入れるなどの工夫が必要だと思う。また、事業計画案は前年度を踏襲しているが、他の町内会の取り組みを参考にするとか、転入者の困り事を聴くなどして、課題の掘り起こしも必要ではないだろうか。住民と役員が協力し合って住みよい町内会にしていきましょう。
  


Posted by 中嶋 at 17:29Comments(0)中嶋

2013年04月04日

お気に入りのパン屋さんの閉店

川沿のスーパーに出店しているパン屋さんが明日で閉店する。1週間前に訪れた時、突然閉店を知らされ驚いた。閉店にはそれなりの理由があるとは思うが、とても気に入っていたお店なので残念だ。お店で手作りしているので、できたてのパンが並べられると、つい手を伸ばしてしまう。米粉で作られたパンは他の店の米粉のパンより格段に美味しい。こんなにも味が違うものかと驚いてしまう。娘たちも札幌に来たとき、試食のパンを頂いて美味しいと喜んでいた。調理パンも美味しい。とうもろこしや玉葱のパンは食べごたえもある。豆がたっぷり入った豆パン、ざっくり切ったリンゴが入っている甘酸っぱいリンゴパンも大好きだ。そんなパン屋さんがもう利用できなくなるのは本当に残念だ。本日、気に入ったパンを一杯買ってきた。しっかり味わって食べるつもりだ。今まで美味しいパンを提供してくれてありがとうございました。  


Posted by 中嶋 at 16:37Comments(0)中嶋