さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2014年04月28日

3人目の孫誕生

仙台の次女に2人目の孫が生まれた。かみさんに「私の代わりに手伝ってきて」と背中を押されたが、何ができるのか、役に立てるのか不安だった。横浜の長女が孫を連れて手伝いにくるというので安心して行くことにした。
仙台駅で長女と待ち合わせをした。久しぶりに会った孫は恥ずかしそうに母親にまとわりついていたが大きくなっていて驚いた。次女の家に行くと、小学1年生になったばかりの孫は嬉しそうにして迎えてくれたが、横浜の孫とはしばらく馴染むのに時間がかかっていた。
ベビーベットで寝ている3人目の孫と初対面。色黒の小さな顔をしていた。まだ生まれて2週間もたっていないので呼吸をしているのかが見た目では分からなかったが、手足を伸ばしたり目を開いてじっと見つめていると、一生懸命に生きているのが感じられて感動した。抱っこしてみようと思ったが、まだ首も座っていないので不安になりその日はできなかった。
長女は料理、洗濯などをテキパキとやっていた。次女のだんなが勤めから帰ってきて、うちのが一番可愛いと目を細めていた。仕事の疲れも吹き飛ぶようだ。こんなににぎやかな夕食をとったのは久しぶりで美味しかった。赤ちゃんの入浴は次女が小さなゴム製のお風呂にお湯をはって手で優しく洗っていた。初めは手足をバタバタさせて泣いていたが、次第に気持ちよさそうにしていた。2人の孫はお互いに大きな声で名前を呼び合って玩具で夢中になって遊んでいた。明日は勤めや学校があるので9時過ぎには寝た。
次の日から、恐る恐る赤ちゃんを抱っこさせてもらった。こんなに軽くて小さかったのかと気づかされた。しかし、暫く抱いていると腕が疲れてきた。次女から抱っこの仕方を教えてもらった。コツがあった。長女は実によく働く。料理したり、後片付けしたり、洗濯、子供たちとのお風呂、ペットの糞尿の後始末など。それが実に手際がいいのだ。次女ばかりでなく自分も大助かりだ。自分がしたのはゴミ出しぐらいだ。新聞もパソコンにも触れない毎日で手持無沙汰になり申し訳なかった。5泊6日は2人の娘たち、3人の孫、だんなに囲まれてくつろげた。
赤ちゃんがすくすくと育ってほしいと願う。  


Posted by 中嶋 at 19:13Comments(0)中嶋

2014年04月11日

敬老優待乗車証

区役所から敬老優待乗車証の案内がきた。今年の5月で70歳になるので受給資格が得られたのだ。案内を見ると、5万円の利用に対して1万円で購入できる。なんとありがたいことだ!。今までの1/5の金額で購入できるとは嬉しいものだ。利用期間は4月から1年間。さっそく使ってみた。バスの出口でこの乗車カードを通すとき、年齢を知られたようで恥ずかしかった。4月から消費税がアップしたことも分かった。地下鉄では無人の改札口でカードを通すので恥ずかしさはあまりないが、バスは運転手さんらに見られるので恥ずかしい思いがする。これも慣れなのかもしれない。とにかく高齢者にはありがたい仕組みだ。  


Posted by 中嶋 at 11:41Comments(0)中嶋