さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2014年05月13日

町内会の潤滑剤だった隣人の逝去

昨夜、隣人の通夜が厳かに行われた。葬儀場には町内会の人を含めて100名以上が参列し、お世話になった故人に感謝と追悼の意を表した。私もカミさんと参列したが、会場一杯の参列者に驚いた。これも故人の人徳の賜物と思われる。
定年を機に10年前に横浜から南沢に引っ越してきたときから亡くなる数日前まで、気さくに声をかけてくれたり、相談にのってくれたりした。
転居して1年もたたない時期に町内会の役員の順番がきた。町内会のことは何も分からないから辞退しようと思ったが、役員をすると町内会のことが分かるようになるからと勧めてくれた。実際、その通りだった。町内会がどんなことをどのようにやっているかが分かっただけでなく、顔見知りもできた。また、月1回の役員会のときは会場まで自家用車に乗せて頂いた。初めて町内会の総会に参加したとき、知らない人が多く気後れしていると、隣の席に来てくれたりと気をつかってくれた。町内会の春と秋の大掃除のときも、重い排水溝の汚泥が入った袋を一緒に運んでくれたり、自宅のホースで水をまき綺麗にしてくれた。柔らかな表情で誰にも気軽に話しかけるので、いつも人の輪ができていた。カミさんがベランダで布団叩きをしていたとき、大きな声で叱られたこともあったそうだ。
絵画は教えていたほど上手だったので、個展に何度も行かさせていただいた。どのキャンバスも優しい温かな温もりが感じられた。
また、夫婦仲がとても良く、雪かきや散歩などいつも二人でしていた。
そんな隣人に巡り合えて幸せだった。ありがとうございました。これからは、故人に見習ってできることをしていきたい。合掌!  


Posted by 中嶋 at 12:14Comments(0)中嶋

2014年05月09日

讀み継がれてほしい

3月中旬、妹が父が残していった書籍や冊子やアルバムなどをダンボール20箱に詰めて送ってきた。まず置き場所に困った。かみさんの機嫌を損なわないように押し入れや2階の廊下や書斎に積み上げた。これらの処分を任されたが、実際に積み上げてみるとボリュームに圧倒された。50年間にわたって集めたもので、活版のものもあればガリ版刷りのもの、また手書きのものまである。紙が変色して讀みずらいものも多い。大雑把には整理されていたが、一箱ずつ開けて不要なものと残したいものに判別した。不要なものとは主に重複したもので結構多い。
ガリ版刷りの文集などは綴じているホッチキスが錆びているものもあったが、それらをひとつづつ外した。我々と関係するものを見つけると懐かしくなる。またアルバムや手紙などから父がどのように慕われていたかが分かった。こうした地道な作業が2カ月ぐらい続き、やっと整理できた。それらのリストを作り、古本屋に処分を依頼した。古本屋さんはさっそく翌日に来てくれ品定めをした。①創刊号から揃っている、②破損していない、③明治や戦前など古いもの、④有名人が書いたもの、などが売れるそうだ。希少価値を重視していた。戦前、戦中の田舎の学校の文集など庶民の生き様を描いたものには興味を示さなかった。一冊も買ってもらえないと思っていたら、10箱まとめて買ってくれた。まったく売れないかもしれないが、あとは私どもの責任で処分すると言ってくれた。古本屋さんのネットワークを活用するそうだ。1冊でも多く讀み継がれてほしい。  


Posted by 中嶋 at 12:00Comments(0)中嶋