さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2014年11月24日

姪の結婚を喜ぶ

本日、姪の結婚式にかみさんと参加した。20人ほどの親族だけでこじんまりと行われたが、アットホームな雰囲気だった。甥夫妻はやっと歩けるようになった2歳の子供を連れてきたので、一つ一つのしぐさにみんなの暖かな眼差しが注がれて微笑ましかった。車椅子に乗ったおじいちゃんから来月に出産を控えた妊婦さんまで幅広い参加者が二人の結婚を祝福するために来ていた。
これまで参加した結婚式場はホテルや結婚式専用施設だったが、今回はレストラン・ウエディングということでレストランで行われた。一軒家を借りきったような感じは初体験だった。控室がリビング、結婚式場兼披露宴会場が2階の大広間になっていた。
結婚式では外人の牧師さんの厳かな導きによって、夫婦になる契りが結ばれ感動的だった。
披露宴では、二人の意向なのか、二人が何度も各テーブルを回って、出来立てのパンを配ったり、写真を一緒に撮ってもらったりと、かいがいしくサービスしてくれた。二人のこれまでの生涯や、イタリアに新婚旅行で行ったときの様子がビデオで放映された。幸せそうな笑顔に見ている方も幸せな気持ちにさせてもらった。最後の新郎新婦の謝辞では、陽気な新郎の声が途中で詰まるほど、これまで育ててくれた両親への深い感謝の念を感じた。自分のときも同じように込み上げてくる感情に思わず泣いてしまったことを思い出し共感した。
私の亡くなった両親は姪を可愛がっていたので、天国からどんなにか喜んでいることだろう。
二人の子供が無事に結婚した両親のホッとした気持ちがよく分かる。これからいろいろなことは起きるが、まずは親の責任を果たせたことにおめでとうと言いたい。そして結婚した二人は幸せな家庭を築いてください。  


Posted by 中嶋 at 19:08Comments(0)中嶋