さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年02月13日

2.11平和をねがう文化のつどい

2月11日、室蘭市市民会館で開催された標記のつどい(第11回PEACE JAMBOREE)に初参加した。文化のつどいと言うだけあって、合唱、オカリナ演奏、独唱、うたの広場、寄席、展示(水彩画、水墨画、アクリル油彩画、ちぎり絵、布絵、絵手紙、俳句、短歌、写真など)とジャンルが幅広い。初めて見るもの、聴くものもあり楽しかった。

音楽会が行われたホールは500人の人たちで大盛況。地元の教師でオペラ歌手の古城一樹さんのテノール独唱に魅了された。圧倒的な声量と奥行きを感じさせる声で外国語の歌を7曲歌われた。女声合唱の「広い河の岸辺」に再登場して伸びやかな声で独唱すると、客席の人たちだけでなく舞台の歌い手たちもしばし聞き惚れていた。合唱は「津軽海峡・冬景色」をはじめ6曲。アンコールは圧巻の「アメージング・グレース」。フィナーレは全ての出演者が舞台に出てきて「みんなのうた」を客席と歌い交わした。

地元に一流の音楽家がいて、身近に聴けるなんて素敵なことだ。これだけ幅広い作品を作る市民がいるというのも室蘭が文化を育んできたからだろう。こういう草の根の文化を謳歌できるのも平和な世の中があってこそだ。建国記念日に行われたのも意味深い。  


Posted by 中嶋 at 18:24Comments(0)中嶋

2015年02月07日

さっぽろ雪まつりの見どころと課題

 昨日、大通り公園の雪まつりを見てきた。1.5kmの大通公園は大勢の観光客で溢れていた。
自衛隊が制作した2基の大雪像マニラ大聖堂と春日大社はさすがに見ごたえがあり、雪だけで精巧に作られていることに感動する。
マニラ大聖堂は10トントラックで220台分の雪が運ばれ、実物の2/3の大きさとのこと。
マニラ大聖堂のステージでは、カラフルな衣装をまとった民族舞踊団の踊りを見られた。南国から来て寒いはずなのに終始にこやかに微笑みエキゾチックな音楽に乗って踊っていた。めったに見れない舞踊と音楽に触れられてよかった。他の会場ではエレクトーンの演奏や若手のPOP歌手の歌があった。人形劇のオペラも初登場したそうだ。
 出来上がった雪像を見るのもいいけれど、制作中の経過を見るのも面白い。雪は札幌市郊外の真っ白な雪を自衛隊がトラックで輸送したもの。制作は約1カ月間に及ぶ。大雪像を取り囲むように組み立てられた9階建ての足場で作業する様子は、ガリバーと小人のように見える。
雪まつり期間中に国際雪像コンクールが行われる。約10カ国の芸術家が大きなノミのような道具を使って粗削りしている様子をまじかに見ることができる。
 夜は雪像や氷像がライトアップされ、昼間とは異なる表情を見せる。また、プロジェクションマッピングも行われ、映像がダイナミックに変化する様に感動する。その他にも見所はたくさんある。スノーボードとフリースタイルスキーのジャンプ大会もある。高さ24m、全長60m、最大傾斜39°のジャンプ台が鉄パイプを組み合わせて作られ、都心で迫力満点の飛躍が見れる。小さな子供向けには氷の滑り台があり親子で賑わっていた。
 フードパークも充実して道内各地の名物料理が食べられる。北海道といえば、牡蠣、ウニ、ホタテ、イカ、カニ。それらを焼く香ばしい匂いに引き寄せられる。地酒の店では道内各地の地酒と甘酒を販売している。甘酒(一杯300円)はとても美味しかった。
 
 課題は大勢の人に踏み固められたでこぼこ道、段差もある。スタッフが滑り止め用の砂を撒いていたが、足元を気を付けて歩かなければならない。車椅子では移動しにくい。実際に車椅子を押している人を見かけたが、苦労されていた。車椅子用の道を作り、そこだけでもでこぼこ道をなくしバリアフリーにできないものだろうか。

雪まつりは11日まで、新たな発見があるかもしれません。お見逃しがないように。  


Posted by 中嶋 at 16:21Comments(0)中嶋