さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年06月16日

盛り上がった町内会の野外パーティ

一昨日の日曜日、曇り時々日差しが射し込む中、町内会主催の野外パーティがスワン公園脇の小高い空き地で行われた。
参加者は大人75名、子供8名と町内会最大のイベント。空き地は前日、役員さんが草刈りしてきれいに整備されていた。感謝。
当日は開始50分前に、バケツと折り畳み椅子2脚を持ってかみさんと出かけた。女性部長だけが準備のために来ていて挨拶した。
驚いたことに、早々とバーベキュー用のカマドが4個、間をおいてセットされていた。しかも薪まで入っていた。感謝。
12時頃、ホクレンスーパーの車が冷えたビールとジンギスカン等を運んできた。女性部長と副部長らが参加者毎、カマド毎に小分けした。野菜は前日に切って小分けしていた。感謝。

徐々に参加者が集まって来た。班毎に決められたカマドを囲み、久しぶりに会った人と話が弾んでいた。
班長は、班の参加者にビールを配ったり、木炭をカマドに入れ、団扇であおいで火を起こした。カマドの鉄製の蓋が温まった頃、女性たちが油をたっぷり浸して、ジンギスカンやタマネギ、モヤシなどの野菜を入れ、均等に火が回るようにかき混ぜてくれた。白い湯気が立ち昇る。
この日のために、毎年、行者ニンニクを採ってきて冷凍保存してくれる奇特な人がいる。それを楽しみにしている人もいる。私は噛み切れず苦手だが(すみません)。眼下に川沿の街並みが見渡せる野外でみんなと食事する醍醐味は開放感があり格別だ。
折り畳みのテーブルを持ってきた人も何人かいた。肉や野菜を盛り付けた皿や飲み物を置くには便利だ。
小さな子供がいると、ちょっとしたしぐさに心が和む。赤や白のワイン、日本酒なども用意され、かみさんも勧めて注いでいた。

今年から、防災部長が業務用の消火器を2台用意した。火器を使用する場合、消防署に届け出が必要になったそうで、川沿消防署の人が3、4人来て消火器と届書を確認し、注意事項を説明してくれた。終了後、バケツに入れてきた水で残り火を消火した。カマドや残った木炭などは男性が進んで片付けていた。

町内会の人たちの親睦を深めるために、これからも続けたいイベントだ。お疲れさまでした。  


Posted by 中嶋 at 14:32Comments(0)中嶋

2015年06月13日

初めての大腸内視鏡検査

一昨日、初めて大腸内視鏡検査を受けた。最近、体重が3Kg減少したので主治医に相談すると、消化器系の病気で体重が減少することがあるのでと大腸の検査を勧められた。胃や膵臓の検査はしていたが大腸の検査は初めてだ。看護師から検査の説明を受け、同意書に署名した。ポリープが見つかって切除する場合は一泊入院して頂くとも言われた。

検査3日前から食事制限がかかり、消化の悪いものは避けるようにと、3日分の図解入りの献立例を渡された。ほぼ毎日、朝食には大好きな豆パンを食べているが、豆は繊維が多いので食べられない。トマトの皮もダメだ。前日の夕食は具材を入れないかけうどんを食べた。
検査当日は8:45までに病院に行った。2リットルの腸管洗浄剤を2時間かけて飲むように言われた。途中、便意をもよおしたら排便した。薄黄色い水模様になるまで、ひたすら飲み続ける。腸管洗浄剤は薄い塩味だったが、底の方になると濃い塩味になるので、備え付けのお茶を飲まないと辛い。3回目以降の排便の状態は看護師さんに確認してもらったが、なかなか薄黄色い水模様にならない。看護師さんは腹圧をかけて15分ごとに排便するようにと促してくれた。腸管洗浄剤を追加してもらい、3リットル飲んだところでやっとOKが出た。7回目の排便で13:00を回っていた。お腹が張ってもう勘弁してくれと検査前に疲れてしまった。

検査着に着替えて、腸の動きを抑える注射、静脈麻酔をしてもらい、検査室に入る。血圧、脈拍、酸素吸入量を図る管が付けられ、デイスプレイにリアルタイムに表示される。血圧が少し高めなのは緊張しているせいか。先生が入ってきたのは覚えているが、どんな検査をされたのかは全く覚えていない。気が付いたらベットごと別室に運ばれていた。そこで少し休んだ。看護師さんにポリープは無かったと言われたのでホッとした。

検査前は検査で苦痛を感じると思っていたが、全く何も感じなかったのは意外だった。便通は毎日あったので大丈夫だとは思っていたが、自覚症状が乏しいと言われていたので、検査を受けて良かった。  


Posted by 中嶋 at 14:37Comments(0)中嶋