さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年08月26日

親睦が深まった南沢連合町内会の運動会

8月23日(日)9時から南の沢小学校グラウンドで南沢連合町内会の第17回運動会が開催され、大勢の地域住民が参加した。14町内会中12町内会が町内会対抗形式で競い合い、町内会の親睦が競技が進むにつれ深まった。
当町内会の参加者は20名、顔馴染の高齢者は減ったものの子供を連れた家族の参加は嬉しい。高齢者は小さな子供たちの屈託ない仕草に癒される。競技に参加する親には子供、子供には親が一生懸命に声援し微笑ましかった。

競技は個人競技と団体競技の計9種目が行われ、私は紅白綱引きを除く団体競技の4種目に参加した。
1.紅白大球回しは、6町内会×6町内会で2列に並び、大球を頭上に持ち上げて回す。往復させるので折り返しを上手くすることと大球を落下させない均等な力配分がポイント。大玉が勢い良く回ってくると、大球に触れない人もいた。次の人が受け取りやすいように気遣うゲームだ。
2.防災リレーは、①水の入ったバケツを運ぶ、②水の入った消火器で放水し的を倒す、③担架にヘルメットを乗せて運ぶ。以前は女性を担架に乗せていたが、安全に配慮してヘルメットに変えたとのこと。お互いに励まし合うのでチームに一体感が生まれた。
3.借り物競走は、札に書かれた品物を大声で探す。「ベルト」の声に、ズボンのベルトを外して渡す人、「ペットボトル」の声に、近くにあるペットボトルをわしづかみして渡そうとした人が何人もいた。ところが「中村さん」の声にはなかなか見つからず探し回っていて気の毒たった。観客が競技者に協力し、観客を巻き込むゲームだ。
4.バスケットリレーは、①ラグビーボールを抱えて走り、②バスケットを目がけてボールを投げ、入るまで何度も繰り返す、③バスケットの下は穴が開いているので、下から出てきたボールを抱えて走り、次の走者に渡す。この競技もお互いに励まし合うのでチームに一体感が生まれた。
5.紅白綱引きは圧巻だ。6町内会×6町内会に分かれて数10mの大きな綱を引き合う。選手を応援しようと、大勢の人が旗など持って近くに集まる。大きな掛け声をかけ合いながら力一杯引き合うと砂埃が舞った。お疲れさまでした。
6.最後は紅白玉入れ、当町内会はほぼ全員の15名が参加。両手に数個の玉を持って投げるのだがなかなか入らない。玉を拾い集めていると、入らなかった玉が上から降ってきて体に当たり痛い。ところが当町内会は籠から溢れるくらいの140個以上も玉が入り、ダントツの1位。若い新住民や中学生のはつらつとしたプレイの賜物だ。

運動会の運営、進行には若い体育部長をはじめ若い役員さん達が軽快なフットワークで勤め頼もしかった。早朝から用具の運搬、テントの設営、多数の折りたたみ椅子の持ち込みとセット、飲み物とお弁当の手配などしてくれた。また、テッシュペーパーなど手に持てないくらいの参加賞は家まで運んでくれた。なにからなにまでお世話になりました。

足腰が不自由な高齢者の参加を促すために、走らなくてもいいような競技を考えてもいいのではないだろうか。また、3世代でチームを作ってできる競技もあるといい。中高生や大学生などのパフォーマンスもあると花を添えると思う。

普段使わない筋肉を使ったり、走ったりしたので心地よい疲れが残った。役員さんには感謝したい。ありがとう。
  


Posted by 中嶋 at 18:43Comments(0)中嶋

2015年08月20日

電線に引っかかった柳

4~5年前、鳥が種を運んできたのだろうか我が家の庭に3本の柳が生えている。
成長がとても早く、どんどん枝分かれし、玄関フードの屋根や2階の窓にも枝葉を伸ばし、ついには電線に引っかかるようになった。
枝葉が多いので外界の景色が遮断され、風にそよぐ枝葉は気持ちいいが、電線が切れないか心配になり、枝を切ることにした。
その道具として梯子兼脚立を購入した。脚立に乗って枝を切っていくのだが、木工用の薄いノコギリは歯ごたえが弱い。
そこで、剪定用の厚いノコギリも購入した。前に使っていたものより歯ごたえがすこぶるよく力強く切れる。
それでも休み休みしないと息が切れる。切れた枝葉はバサッと倒れる。
枝葉のゴミ収集日のために、葉を枝から剥がし、枝は30cm程に切りそろえた。葉は大きなゴミ袋2個に収まった。
大きなとげが葉の付け根にあるため、当たると痛い。我慢しながら黙々と続けた。
枝の先には生まれたばかりの薄緑の枝葉ができている。ここに早い成長の源を見た気がする。
うっそうと茂っていた枝葉は剪定後、すっきりとし見晴らしがすこぶる良くなった。4~5時間の作業だった。お疲れ様。  


Posted by 中嶋 at 09:45Comments(0)中嶋

2015年08月07日

初めての夜間パトロール

昨夜、町内会の夜間パトロールに初めて参加した。
夕方、雨が降ったので、少し蒸し暑かったが、時折吹く風が心地よかった。
昨夜は、3名で19:30から25分間、雑談しながらパトロール。防災部長の奥さんからオレンジ色のベストと赤色誘導灯を渡された。誘導灯は夜間の道路工事でも使われているものらしく点滅する。また、熊よけの鈴も付いているので、歩くたびに鈴の乾いた音が響く。
人通りが全くなく、数台の車とすれ違うだけだった。明かりが灯った家からは家族団欒の楽しそうな声が聞こえてくる。
スワン公園にも立ち寄った。花火をする人たちもいるらしいが昨日はいなかった。数年前の真夜中、花火によるボヤ騒ぎで消防車が何台も駆けつけ、町内会の人たちが何事かと集まって来た所なので気を付けてもらいたい。

夜間パトロールは7月から11月まで2週間ごとに10回開催する。各班の役員3名または2名に防災部長が同行し巡回ルートに沿ってパトロールする。町内会の防犯のため、このような地道な活動を続けていることを知ってほしい。住み良い地域であり続けるために、地域で支え合い、助け合うために!  


Posted by 中嶋 at 19:22Comments(0)中嶋

2015年08月01日

カラーテレビの故障と部品の保有期間

11年前に購入した42インチのカラーテレビが故障した。電源投入後5分以内に電源が突然切れる。販売店に確認すると、部品は生産を中止しているので、新しく買い換えてくださいとつれない。高額な最新の製品を奮発して購入したので、20年ぐらいは使えると思っていた。インターネットでメーカーなどに確認したところ、全国家庭電気製品公正取引協議会の製造業表示規約に補修用性能部品の保有期間が定められていた。カラーテレビは8年。この規約は、昭和49年4月16日通商産業省機械情報産業局長通達49機局第230号に基づき定められたもの。なんと41年前! その当時はブラウン管が主流であったが、現在はプラズマや液晶が主流に変わっている。通達が現状に追いついていない。しかもメーカーはその通達に従うだけだ。メーカーから関係省庁に働きかける積極性があってもいいのではないだろうか。部品の性能向上は信頼性向上、耐久性向上につなげてもらいたいし、消費者の立場にたって決めてほしい。

また、規約第7条の(5)保証対象となる部分は、すべての部分なのか部分的なのかを明らかにして、部分的な保証であるときは対象となる部分又は対象外となる部分を表示する と定められている。すべての部分かそうでないのかを明示していない場合、すべての部分が対象となる。故障しやすい部分とそうでない部分があると考えられるが、対象となる部分を示さないのはいかがなものか。実際に故障したのは電源系の部分と考えられる。故障しやすい部分はもっと長期間保有してもらいたい。  


Posted by 中嶋 at 14:27Comments(0)中嶋