さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2015年11月28日

職場で可愛がってもらった上司の訃報

11月に入ってから喪中のはがきが何枚も送られてきている。友達の親の訃報に接しても面識がないので亡くなられた年齢に目が留まる。90歳以上の人が何人もいた。戦前生まれで食糧難の時代をたくましく生き抜いてこられた方だ。健康寿命から20年以上もどのように過ごされたかが気になる。母は90歳で亡くなった。薬は手放せなかったし、掃除や洗濯は介護サービスを頼んでいたが、一日三食を大事にして亡くなる1年前までは一人で元気に暮らしていた。デイサービスですっかり自信をつけた習字と絵手紙は人気を集めていて、子供から見ても上手だった。言いにくいことも遠慮せず毅然と言っていた。健康寿命と亡くなった年齢の間は1年未満なので、天命を全うしたのではないだろうか。

昨日も一通の喪中のはがきが届いた。なんと職場で可愛がってもらった上司の突然の訃報だった。30代半ばから40代半ばまでの10年間、お世話になった方で、私の得意分野を生かしてくれた。一番の思い出は、上司の紹介で国家プロジェクトに参加させてもらったこと。国内の主要なコンピュータメーカーとソフトウエアメーカーが共同で事務処理分野ツールを開発した。それまでは業界各社の人たちと一緒に仕事をしたことがなかったので、大いに議論を交わす中で各社のソフトウエア文化に触れ大いに刺激された。
退職されてからも、趣味のテニスと写真を続けられ、ホームページには海外旅行で撮影された写真を掲載していた。最近は見ていなかったが、とても綺麗な写真が並んでいた。このまま続けていると思っていたので、突然の訃報に驚いた。
奥さんにお悔やみを言いたかったのと死因を知りたくて電話をしたところ、13年前に前立腺癌なり、全身に転移していったそうだ。どんなに辛かっただろう。悔しかっただろう。前立腺癌になっても生きられている人はいるのに・・・。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。  


Posted by 中嶋 at 17:41Comments(0)中嶋

2015年11月25日

認知症の人たちと共に生きる

私の周りにも認知症の人が増えてきた。私が所属する合唱団にも認知症の夫の世話で練習に参加できなくなり、緊張の毎日を送っている人がいる。束縛される苦労を察すると気の毒に思う。認知症になると何もできなくなると思っていたが、その固定概念を覆すテレビ番組があった。11月17日に放映されたNHKテレビの認知症キャンペーン特番 第五弾「認知症の私からあなたへ」。

1人暮らしの認知症歴10年の男性が、認知症を正しく理解してもらうために啓発活動をしていた。認知症になると、何も分からなくなるという誤解を解きたいと、講演会に出かけ、認知症当人が考えていることを語っていた。それが使命であり生き甲斐と言っていた。認知症患者の集まりにも出かけ、お互いに気持ちを分かちあっていた。また、ボランティア活動にも参加して、封筒詰めの作業をしていた。記憶力の衰えを補うために、タブレット(小型のパソコン)で日記を綴っていた。動作は緩慢になったとはいえ積極的に社会に出て人と交流し人生を楽しんでいるように見えた。周りの人たちの助けもあったが、可哀想だから助けてあげるというのではなく、認知症の人の思いに触れて接し方が変わったとのこと。一緒に支え合う関係はとても微笑ましかった。

この番組の他でも認知症の人と共に楽しく生きる取り組みを紹介していた。
 ・発言を否定しない、怒らない、問いたださない。
 ・急がせない。
 ・本人の意思を尊重する。
これらは、認知症でない人も心掛けたいこと。このようなことが普段からできている人は、認知症の人とも仲良くやっていけると思う。
また、懐かしいものを見て、思い出を語り合う「回想法」も脳を活性化し、精神状態を安定させるとのこと。

介護する人もされる人も、今は介護から遠い人も、すべて同じ人間、体が思うように動かない人を見かけたら、さっと駆け寄り手を差し伸べたい。遠慮なく手助けを求めることができる社会でありたい。同じことを何度も聞かされると、うんざりするのも分かるが、本人の気持ちを思いやり、気持ちよく受け入れてあげたい。どんな時に喜ぶか見つけてみよう。見えないものが大切だと言われるが、本人の心の声を聴くようにしたい。認知症は脳の一部の神経が機能しなくなった病気なので、できることはまだまだたくさんある。やりたいことを共に見つけよう。認知症になって初めて気づくこともあると思う。その気付きを他の人に話してもらいたい。お互いに気持ちが分かり合えるようになるだろう。

  


Posted by 中嶋 at 16:54Comments(0)中嶋

2015年11月02日

団塊スタイル「歌って心も体も若返る」を見て感動

 10月23日(金)NHK教育テレビの「団塊スタイル」を見た。月に一回だけだが小さな合唱団で歌っているシニアにとって「歌って心も体も若返る」というテーマに惹かれた。
番組では、単に歌うだけでなく、脳や体の健康にも繋がる様々な歌い方と家でも簡単にできる方法を紹介。

 まず、歌声喫茶が紹介された。新宿の「ともしび」には40年前の一時期、毎週土曜日に通っていたので懐かしかったが、店内の造りは当時と変わっていた。大勢のシニアの人たちが大きな声で楽しそうに歌っていた。顔が生き生きと輝いているのがいい。まさにシニアパワー全開。
 歌いながら歌に合わせた運動(体操)をすることで、次の動きと歌詞を思い出すため脳が刺激され、認知症予防に効果があるという自治体の取り組みが紹介された。長野県須坂市の「須坂エキササイズ」では、県歌の「信濃の歌」に合わせて1番で肩こり予防運動、2番で腰痛予防運動を行っていた。他にも「おさるのかごや」に合わせて骨盤周りの運動を行うなどなど。東京都清瀬市ではカラオケ画面の一部の歌詞を隠して歌詞を思い出しながら歌うことで脳に刺激を与えていた。
 オペラ歌手の常岡治恵さんが開いている「表情筋を鍛えて歌おう!」という講座は、表情筋と口の機能を高めるユニークな方法を紹介。ストローを吹いたり吸ったりする遊びの要素も取り入れ楽しそうだった。また、歌詞をパ・タ・カ・ラに変えて歌うと、口の周りや舌の筋肉が鍛えられるそうだ。

 音楽療法士で医学博士の高橋多喜子教授は歌う効果は三つあるという。①歌声喫茶のようにみんなと歌える場を訪れることで、初対面の人とも同じ趣味をもつ仲間として気軽におしゃべりができて仲良しになれる「コミュニケーション効果」、②その人に馴染のある歌を歌ってもらうことで、その当時の記憶と感情が蘇り元気になる「回想効果」、③血圧の上昇が抑えられる有酸素運動と同様な「運動効果」。
また、手軽に家でもできて脳を刺激する歌い方も紹介。「若者たち」を歌いながら手拍子する。最初は1拍目と3拍目で手を叩く。次にその手拍子を異なるリズムに変える。
楽器代わりにビーズを入れたペットボトルを振りながら歌う。高い位置と低い位置で交互に振ることで運動効果がさらに上がる。

 これらの効果は大学の研究者が科学的に実証しているので信頼できる。歌いながら運動すると、左脳の思考、感情、伝達、理解などが活性化される。歌った後、唾液の量が増え、誤嚥を防ぐ飲み込む力が強くなる。
 ゲストのクミコさんは東日本大震災の被災地で車椅子の重度の認知症のおばあちゃんに「上を向いて歩こう」を歌ってみましょうねと言って歌いだしたら一緒に歌いだしたという体験を通して歌の力は凄いと思ったと言われた。

 目から鱗が落ちる番組だった。実に面白く、ためになり、元気をもらえた。
歌が好きな人、運動が苦手な人、認知症になりたくない人、認知症の人も興味がありましたら、地元の自治体などに問い合わせてください。似たような取り組みが行われているかもしれません。

 NHKにはぜひ再再放送をお願いしたい。また続編も期待したい。
  


Posted by 中嶋 at 16:40Comments(0)中嶋