さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2016年01月19日

盛り上がった町内会の新年会

1月16日(土)17時から当町内会の新年会が南沢福祉会館で開かれ68名が参加した。
私もカミさんと参加した。数年前から心置きなく飲酒できるようにと貸し切りバスで送迎することになった。
3回に分けて乗車するため、一人の役員が寒い中、乗車確認してくれた。ありがたい。
役員と家族は1便で行ったが、景品や備品などの荷物を自家用車で運んできた役員たちが、すでに慌ただしく準備していた。
仕出し弁当や飲料が玄関に大量に置かれていたので、それらを会場のテーブルに配っていた。
カラオケの操作を確認するために演歌が流れる。
ステージには趣向を凝らした景品がうずたかく積まれ祭りムードを盛り上げていた。
昨年の新年会で履物を間違えられた人がいたので、注意書きのチラシを作ってきて靴箱に張り出した。
2便、3便のバスで来た人が続々と集まってきて賑やかになってきた。

最初に会長の挨拶があった。年々高齢化してきているが、町内会の行事に参加してほしいと述べられた。
乾杯の後、お酒を酌み交わしたり、お弁当を頂きながら談笑が弾んでいた。
暫くしてから、みんなが楽しみにしているビンゴが始まった。読み上げられる番号に耳をそばだて聞いた。
なかなかビンゴは出なかったが、先着3名に豪華な景品が渡されると、羨望の的になっていたが、幸せのお裾分けをしてもらった気分。
子供には子供用の景品(お菓子)が用意されていた。その気遣いが嬉しい。
次第に、ビンゴになる人が増えてきた。もう少しで当たる人は、次に読まれる番号が気が気でない。
ここで当たった人は「ヤッタ」と喜び勇んで景品を受け取りに行く。外れた人は悔しがる。
とにかく、最後は全員に景品が渡された。

興奮冷めやらぬ中、カラオケ大会が始まる。各テーブルに置かれたリクエストカードに記入した人が歌う。「歌いませんか」と
勧めて歩いたが、殆どの顔ぶれはいつもの人になる。
カミさんはこのために数日前から家で練習してきたが、ここには最新の曲が入っていないので代わりの曲を選んだそうだ。
トップバッターは宴会が大好きな男性、他の人が歌っているときは、ステージに上がってきて曲に合わせ即興で踊る。
カミさんの順番が来た。明るく軽快な「大阪ラプソディ」を歌うと、顔見知りの奥さんが手拍子を送り、一緒に楽しんでいた。
終わって引き上げてくると、さっそくお酒をもって駆けつけてきて「凄いね、もっと外に出てきて」と褒められると、カミさんは上機嫌。
ところがそれだけで終わらなかった。最後の人が歌いだすと、3名の男性がステージで踊りだす。するとカミさんもステージに上がり、
男性と踊りだすではありませんか。ちょっと羽目外し過ぎで見ていられなかった。

閉会後の後片付けは大勢の人たちが協力してくれたので早く終了した。
ゴミの分別、テーブル拭き、椅子とテーブルの片づけ、ダンボールを小さく折りたたむ、床拭きなど、実に手際よかった。
新年会はこうして盛り上がった。これも準備に奔走した役員のみなさんのおかげです。感謝しています。

  


Posted by 中嶋 at 13:43Comments(0)中嶋