さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2016年07月31日

カンブリア宮殿「金沢発!ごちゃ混ぜのまちづくり」

7月21日、TVHで放送された標記の番組を観て感動、心が洗われた。
福祉施設は、高齢者用、障害者用などと専用施設が多いが、番組で紹介された「シエア金沢」は
それら全てを含むだけでなく、地域の人達も自由に出入りできるレストラン、温泉、売店、学童保
育所、文化施設(アトリエ、音楽)、ドッグラン、アルパカ牧場などの施設もある。また、入居者の
高齢者や知的障害児をボランティアで支える学生用の建物まであり、一つのまちを形成している。
高齢者も若者も子供も、障害がある人もない人も、入居者も地域の人も、ごちゃ混ぜの交流が
人々を生き生きと輝かせていた。

「シエア金沢」は入居している高齢者と障害者にも就労の場を提供している。特技を仕事に生かし
てもらうだけでなく、お弁当作りや配達などを教えた後、一人前に仕事を任せる。与えられた仕事
は丁寧にするのでお客さんからの信頼も厚い。

一番感動したのは、重度の身体障害者の男性と認知症のおばあさんが交わることによって、両者
の問題が改善したこと。彼は首が15度ぐらいしか動かせないし、おばあさんは手が震えるので、
おばあさんが彼にゼリーを食べさせようとスプーンを彼の口元にもっていくが、こぼれてしまう。お
ばあさんは彼にゼリーをあげないと彼は死んでしまうと思っているから、毎日繰り返していくうちに、
2週間後、おばあさんの手の震えは止まり、彼もスプーンに合わせて首を動かしていた。お互いを
思いやる気持ちが生んだ奇跡、いろいろな人が交わることの意味を教えてくれた。

社会的に必要とされない人はいないので、「やってあげる」「やってもらう」がベースの福祉から、い
ろいろな人がごちゃ混ぜになって助け合って生きることの大切さが伝わってきた。どんな障害があ
っても、少しでも他人から喜ばれたり、役に立っていると実感できるならば元気になる。人間の原
点ではないだろうか。
  


Posted by 中嶋 at 14:27Comments(0)中嶋

2016年07月27日

第37回合唱団こぶし定期演奏会「うたの夕べ」

7月9日(土)13:30から岩見沢市文化センター(中ホール)で開催された演奏会に初参加。
大人だけの合唱団にはない”普段着の音楽会”を楽しんだ。

■超満員
 まず、驚いたのは客席の最前列から最後列までびっしり席が埋まり熱気むんむんしていた
ことである。特に、小さな子供、親、祖父母と家族ぐるみの参加者が多く賑やかだった。
一般の音楽会では幼児の入場を断っているが、子どもの泣き声も許容する懐の深さ、暮らし
の中の音楽会を呈していた。

■幼稚園児との微笑ましい共演
 オープニングの幕が上がると、27名の団員の前に43名の園児が並んでいた。Tシャッに
色とりどりのスカーフを首周りに付けた園児を見て、「わぁ 可愛い!」と会場中にあたたかい
笑顔があふれていた。園児は元気よく大人たちと一緒に歌った。音が多少ずれてもご愛敬、
可愛い歌声にはかないません。
 園児は最後の2曲で再登場。白のワイシャツに黒のロングスカート・パンツの正装で登場す
ると、客席の家族が自分の子供(孫)を見つけて喜んでいた。大人と一緒に「そんな町へ」と
「ねがい」を合唱。「そんな町へ」は手話付き、舞台と客席が一体となって手話の手遊びを楽
しんだ。「ねがい」は園児にとって歌詞が難しく覚えるのに苦労したが、練習を重ねてしっかり
歌えるようになったとのこと、1、2、4番は一緒に歌い、3番は大人だけで歌い工夫していた。
園児が舞台に立つだけで、大人達はこんなにも喜ぶ。園児との共演が18年も続いているこ
とに感心した。これからも続けてほしい。

■多彩な選曲の妙
 女声合唱、男声合唱、混声合唱、子どもとの合唱、子どもの合唱 とそれぞれに相応しい
選曲がなされ、それぞれの味わいを感じることができた。子どもから大人までの幅広い層に
受け入れられたと思う。

感動をありがとう!
  


Posted by 中嶋 at 10:37Comments(0)中嶋

2016年07月06日

7回目の大学の同期会-⑦同期の絆を確かめ合った

昨日のブログのタイトルで⑤となっていたのは⑥の誤りでした。訂正してお詫びします。

同期会シリーズの最後です。
2名の幹事には準備段階から当日の進行までお世話になった。
昨年の10月からメールなどでやりとりをし、開催時期、宿舎、日程、予算などの調整
をしてくれたり、現地の下調べをして時間を測ってくれた。
同期会終了後、それぞれが撮影した写真を集め、オンラインアルバムを作成してくれた
同期にも感謝したい。
同期会での楽しい想い出、ありがとう。
同期ならではの心の絆を確かめあった同期会でしたね。
これからも続けていきたい。
同期会に欠席された人も、次回の同期会に参加しましょう。
  


Posted by 中嶋 at 09:53Comments(0)中嶋

2016年07月05日

7回目の大学の同期会-⑤親睦旅行in広島平和記念公園

最後の訪問先は広島平和記念公園。
5月27日にオバマ大統領が訪問して以来、訪れる人が多くなっているという。
ここで1名の同期とお世話になったジャンボタクシーともお別れ。
17時を過ぎていたが広島平和記念資料館になんとか入ることができた(入場は17:30まで)。
悲惨な遺品や写真、模型や地図などが多数展示され史実を忠実に伝えていた。
特に印象に残ったものは、①「生死をさまよう」は原爆の熱線で焼け焦げ、血みどろになった
ポロポロの衣服を身にまとい、瓦礫の街を放心状態でさまよう人々。この世の光景とは思えない。
②原爆がさく裂して地上600mに直径が280mにもなった「真っ赤な火の玉」が作られた、
その模型。爆心地周辺の地表面は3,000度~4,000度にも達し、爆風は爆心から500mで
19トン/㎡にもなった。
英語表記を熱心に読んでいた外国人が多かったのは嬉しい。

人類の役に立つ科学、人類を滅亡させる科学、どっちでも選ぶのは人間。
原爆の恐ろしさをリアルに伝える実物に接して考えてみませんか。
原爆死没者慰霊碑を訪れ、亡くなられた方に黙祷を捧げた。
ここで2名とお別れ。
広島での最後の夜は2名とボリューム満点の美味しい熱々のお好み焼きを満喫した。
ホテルの部屋に入ると小さな折り鶴がさりげなく置かれていた。
  


Posted by 中嶋 at 11:42Comments(0)中嶋

2016年07月04日

7回目の大学の同期会-⑤親睦旅行in宮島

15:30頃に宮島口に到着。
JR宮島フェリーに乗船し宮島に向かう。電気推進のフェリーなので船内はいたって静か。
朱色の大鳥居、厳島神社がだんだん大きく見えてくる。10分ぐらいで宮島に着いた。
厳島神社の方に歩いていくと、軒を連ねた土産屋が見えてきた。外人や高校生など
若い観光客が多く、人馴れした鹿が至る所にいた。
厳島神社は平安時代の神殿作りで長い廻廊で結ばれている。
板張りのその上を歩きながら平安時代の厳(おごそ)かで雅(みやび)やかな風情に思いを馳せた。
干潮時であったので大鳥居まで大勢の人達が歩いて行っていた。
16時頃でもこんなに込み合っている。人気がある観光スポットなんだな!
  


Posted by 中嶋 at 09:53Comments(0)中嶋

2016年07月03日

7回目の大学の同期会-④親睦旅行in大和ミュージアム

予定より1時間遅れで「大和ミュージアム」に到着。
屋外に展示されている潜水艦の巨大さにビックリした。
ここでボランティアをしている同期の友人に案内してもらったので、要領よく理解できたし見て
回ることができた。
2005年の開館以来1,100万人が訪れ、博物館としては日本のトップ10に入るそうだ。
屋内に入ると大和の1/10の模型(全長26m)の迫力に圧倒された。
その他にも、呉の歴史、実物の魚雷、ゼロ戦なども展示されていた。
沖縄特攻作戦で沖縄に向かう途中、米軍の艦載機による攻撃で沈没した大和の戦死者名簿
が都道府県別に示されていた。乗員3,332名の内3,056名が戦死。
高度な造船技術の素晴らしさだけでなく、戦争の悲惨さ、平和の大切さを後世に語り継いでいた。
海軍カレーなどで昼食をとった後、3名と別れ宮島に向かった。
ジャンボタクシーの運転手さんの土地勘で最速で行ける高速道路を利用、実に頼もしい。


  


Posted by 中嶋 at 10:30Comments(0)中嶋

2016年07月02日

7回目の大学の同期会-③親睦旅行inしまなみ海道

<翌日の親睦旅行>
年寄りの朝は早い。5時前に起きた者もいた。朝風呂に入る者、清々しい朝の空気を吸お
うと千光寺などへ散策に出かけた者、部屋で寛ぐ者とさまざま。
大広間での朝食は少し軽めだが盛りだくさんで美味しかった。

8時にジャンボタクシーで、瀬戸内海の「しまなみ海道」、呉の「大和ミュージアム」、宮島の
「厳島神社」、広島の「平和記念公園」を巡る旅に出発。自家用車は呉まで同行した。
宿舎から狭い坂道を縫うように下り、尾道大橋から「しまなみ海道」に入った。
高速道路なのでどの車もビューンビューン飛ばす。車内での寛いだ会話が楽しい。
因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋を経て伯方島に入った。
橋の上からは、穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島々が遠望でき絶景!
自転車道には青いラインが引かれ、颯爽と風を切ってサイクリングする人を見かけた。
伯方島のインターを降りて開山(ひらきやま)公園に立ち寄った。桜の名所として知られている
が、今の季節は閑散としていて誰一人もいなかった。木造3階建ての展望台からは瀬戸内海
の島々と近くの3本の大橋を見渡すことができた。
伯方島のインターでしばし休憩した後、折り返し呉に向かう。
  


Posted by 中嶋 at 09:56Comments(0)中嶋

2016年07月01日

7回目の大学の同期会-②宴会

<同期との再会>
道に迷いながらも宿舎に辿り着くと、すでに4名の同期が談笑していた。
お互いに顔を見合わせ再会を喜びあった。
疲れていたので16時からの「文学のこみち」散策には同行しなかった。
著名な作家の詩が板版や石碑に刻まれているとのこと。
17時過ぎには9名全員が揃った。前日に尾道に入り全長70kmの「しまなみ海道」を
サイクリングしてきた者、東京から自家用車で長距離運転してきた者、奥さんとの同伴
を試みたが、男ばかりということもあって断られた者もいた。
参加者は北海道、茨木、東京、神奈川、富山、山口、広島に及ぶ。
夕食までお風呂で汗を流した。お腹がぽっこり出たり、髪の毛が薄くなったりと、年相応
の体形になったが、裸の社交場は楽しい。

<宴会>
和室の宴会場では椅子席のテーブルに瀬戸内海の新鮮な海の幸が一杯に並べられ
美味しそう。幹事の挨拶、前回幹事の乾杯に続いて、元恵迪寮生のリードで寮歌「都ぞ
弥生」と校歌「永遠の幸」を斉唱。気分は完全に学生時代に戻っていた。
料理と共にビールや地酒も飲み交わしながら穏やかに談笑を繰り広げている中、各々
の近況報告が始まった。欠席者の状況紹介、持病とどう付き合っているか、家族の状
況報告では初孫ができたと嬉しい報告も、趣味や生き甲斐なども報告された。
「そうなんだ」と感心したり、「大変そうだな」と同情したり、「良かったな」と歓びを分かち
あった。二次会は部屋に戻って昔話などで花が咲いた。
  


Posted by 中嶋 at 10:18Comments(0)中嶋