さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2016年08月29日

三世代交流の運動会

 昨日、南の沢小学校のグラウンドで南沢地区町内会連合会の「第18回運動会」が開かれた。
厳しい残暑の晴天下で、小さな子供からお年寄りまで多くの人達が集まり、競技を通して親交
を深め合った。
 翌日は、足腰だけでなく上腕の付根にも張りが出た。朝体操を毎日10分ほどしているが、そ
れでもスポーツで使う筋肉と回数とは異なるための筋肉疲労か。

 運動会の団体競技には得点が与えられ、優勝すると景品とトイレ掃除、2等は景品とグラウ
ンドのゴミ拾い、3等は景品と校外周辺のゴミ拾いといったユニークなボランティア活動がつく
のが特徴だ。
 参加しない町内会もあったが、参加者が多い町内会は4張りのテント、当町内会は1張りの
テント。当初は9名の申し込みだったが、3人の小さな子供を連れた若い家族連れを含め、続
々と詰めかけて19名の参加者でテント内は一杯になり賑わった。小さな子どもはおばあちゃ
ん、おじいちゃん世代にとっては可愛くて、あやすように笑顔で話しかけていた。
三世代交流が自然に生まれ、温かい優しい雰囲気に包まれた。

 ラジオ体操に続いて競技がスタート。運動会はぶっつけ本番なので、参加者への競技の説
明と集合に手間取っていた。競技には、その都度、声を掛け合って参加した。競技に参加す
るたびにテッシュボックをもらえたので、一人4箱ぐらい貯まった。当町内会の小学生が競技
に参加すると、その家族だけでなく周りの大人も一緒に応援した。賞をもらって戻ってくると、
健闘を称えて笑顔と拍手で出迎えた。
 今年も町内会対抗防災訓練リレーに参加した。男3名・女1名で、水の入ったバケツを運び、
水の入った消火器で的を倒し、担架にヘルメットを乗せて運ぶリレー。昨年までは担架に女性
を乗せていたが、安全面を考慮してヘルメットに変えたと思われる。
 借り物競走はテント内の見る側も緊張する。当町内会のテントはスタートラインに近いため、
真っ先に駆け寄り大きな声で借り物を捜し求める。「ペットボトル」、「テッシュペーパー」、「はん
かち」などは手元にあったので手渡せたが、「缶コーヒー」はなかった。2,3回目頃から、探して
いるものがだいたい分かってきたので、渡しやすいように手前に揃えた。昨年までは「町内会
長」の借り物もあったが、高齢の町内会長を走らせるのは酷だということか人の借り物はなくな
った。ある人が「スニーカー」を探しに来たので、履いていたスニーカーを脱いで渡した。ところ
がなかなか戻ってこない。呼び出しをかけている時に、あっちこっち探していた人に返してもら
えてホッとしたが、次の競技に参加できなかった。来年からは町内会名を貼っておこうか。
 午後から6町内会×6町内会対抗の紅白綱引きに参加した。各町内から男3名・女3名が参加。
子ども達が町内会の旗を振って懸命に声援する中、ピストルの合図、大きな掛け声に合わせて
腰を低くして力一杯綱を引く。土煙が舞う。ズズッとこちら側に綱を引き込むと勝負がついた。
ここ数年、こんなにも力を入れたことはない。手のひらは綱の跡が残り真っ赤になっていた。
 最後の競技は町内会対抗紅白玉入れ。定員は15名の男女なので全員参加したいところだが、
小さい子どもは危ないので入れられない。急遽他の町内会から1名の応援をえた。球をいくつも
持って投げると効率的だというアドバイスを受けてそうしたが、高さや方向のコントロールがまま
ならない。しゃがんで球を集めている時に上から味方の球が飛んできて体に当たる。夢中になっ
て何度もしゃがんだり立ったりしたので足腰が痛い。それでも若い人の頑張りで47玉入れること
ができた。

当町内会は運営スタッフに3名登録したが、2名は仕事で出られず、1名のスタッフが用具係とし
てほとんどの競技の準備と後片付けに従事、暫くしてから体育副部長も駆けつけお手伝いして
いた。感謝します。運動会終了後は、みんなで手分けしてテントを解体したり、ゴミ出しなどした。
出られなかった体育部長は朝早くテントを設定してくれたそうです。運動会終了後、自宅で寛い
でいる時、わざわざ挨拶に来られた。気遣いありがとう。
 ほとんどの競技は走るので、普段、走っていない高齢者には辛いかもしれない。パークリング
など走らい競技も見つけて加えてほしい。
来年は、もっと多くの人に参加してもらいたい。親睦を図るいい機会なので。
  


Posted by 中嶋 at 17:25Comments(0)中嶋

2016年08月15日

スタッフとして参加した盆踊り大会

はじめに
 8月12日(金)・13日(土)、えいと公園で南沢地区町内会連合会の「納涼盆踊り大会」が開かれた。5年前に次女と孫を連れて参加して以来、今年はスタッフとして参加。
実行委員会は、企画・総務、会計、会場管理、交通安全など6部門52名のスタッフで構成。
盆踊りの5日前の7時から「櫓の設営」、終了後の撤去作業もある。当町内会は音響設備の点検・設置・管理なども分担した。

会場管理のお仕事
 私は会場管理の担当。スタッフの集合時間前に会場に到着。すでに数名のスタッフがゴミ箱を作成中。大きなダンボール箱にビニール袋をかぶせ、「燃やせるゴミ」、「ペットボトル・缶」の貼り紙を貼り、会場のコーナーに設置するお手伝いをした。その後、おにぎりとお茶が与えられ腹ごしらえ。スタッフ用の腕章が渡されると身が引き締まった。9名のスタッフが揃った時点で、まとめ役から役割分担が発表された。①踊りサークルライン引き、②ゴミ箱の管理、③安全管理警備。
私は初対面の他の町内会の人とペアを組み③を担当することになった。ペアになる人は櫓の設営などの経験者でいろいろな裏事情を教えてくれて頼もしかった。ケンカの仲裁は上手くできるだろうか不安だったが、もう少ししたら応援が来ると聞かされ安心した。ほどなく緑色のチョッキを身に着けた4名の少年指導員が現れた。
2人で4回ほど会場内を巡回。昼間の蒸し暑さは消え、ほどよい気温と風が心地よい。明るいうちは小さな子供達が多く、可愛いゆかた姿で走り回りはしゃいでいた。暗くなるにつれて、仕事を終えた家族連れや中高生のグループが納涼を兼ねて続々と集まってきた。会場を取り囲むように設置された観客ベンチは好評で満席。お楽しみ屋台は4軒。長い行列ができていたのは、ビールなどの飲み物や焼き鳥などのお店、行列に並んでいる人たちはどなたもゆったりと行列を楽しんでいるように見えた。何事もなく無事に終えて良かった。

盆踊り
 こども盆踊りの歌(CD)が繰り返し流れても、踊っている子どもはまばらだったが、19時過ぎに1台の車が櫓の傍に停車し、「藻岩太鼓」の5~6名の男性、女性のメンバーが櫓に登り太鼓を叩きだすと、和太鼓の柔らかな図太い音が夜空に響き渡り、がぜんムードが盛り上がり、子供だけでなく大人も加わり踊りの輪が大きく膨らんでいった。バチさばきは歌とバッチリ合いお見事。リーダーは櫓の下で子供たちに太鼓を優しく指導。子供の手を取り絞太鼓を一緒に叩く。真剣な表情で叩いていた子どもは叩き終えると表情が緩み満足したようだ。踊りに参加した子供達にはお菓子が配られた。
 おとな盆踊りが始まると、小さな子供を連れた家族連れが帰りだした。何度もマイクで踊るように促しても、踊る人は少なく寂しかった。そんな中、ゆかた姿がピシッと決まったおばさんが団扇をもって、しゃしゃんがしゃんと慣れた身振り手振りで先導すると、見よう見まねで踊る人達が後に続いた。
 途中、何度も停電になり、灯りも音響も一斉に消え、踊りは中断した。電気のありがたさを実感した。
 おとな盆踊りの後、「ゆかた姿コンテスト」の表彰式が行われた。中学生以上のゆかたを着た踊り手の中からゆかたがよく似合う人を50名の来場者が審査。2等に女子中学生が選ばれると、仲間の女子中学生達が抱き合って喜んでいた。1等は小さな子供がいる若いお母さん、ゆかた姿が良く映えるゆかた美人。男性のゆかた姿も粋でいいものだ。
 すべての行事が終了した後で、手分けしてゴミ箱の始末をしたスタッフにお土産が配られた。長い時間お疲れ様でした。

今後の課題
①おとな盆踊りの踊り手を増やす。
女性部で盆踊り講習会を開いて、踊りを先導できる人を増やす。
②盆踊りを盛り上げる生演奏を増やす。
太鼓だけでなく、笛吹きや歌い手を募集し、生演奏を増やす。
③司会は櫓の上で
全体を見渡しながら話せるので、臨機応変の呼びかけができる。
④若い人をスタッフに
長時間の勤めなので高齢者にはきつい。若い人の発想を取り入れて若い人の参加者を増やすとともに若い人に伝統を引き継いでもらいたい。
  


Posted by 中嶋 at 17:12Comments(0)中嶋