さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年03月26日

雲物理学者菊地勝弘さんの素晴らしい生き方

50年以上前、北大理学部の気象学演習の指導教員であった菊地勝弘さんが北海道新聞夕刊の
「私のなかの歴史」に2月8日から3月9日まで20回シリーズで登場。

教えて頂いたのは1年程だったが気さくで明るく活発な先生だった。
先生の知らない面や生き方をたくさん知ることができて面白かった。
中谷宇吉郎、孫野長治の両先生との出会いが生涯を決めたという。海外に出かけて視野を広げ
ること、「雲の中のことは雲の中に入ってみなければ分からない」と野外観測の大切さを教えられ
たそうだ。小さい頃から気象現象に興味をもち、何故そうなるのかということを突き詰める研究心。
さまざまな創意工夫で野外観測。南極で発見した雪の結晶の形が既に知られている樹枝状など
と異なるため最初は信じてもらえなかったが、北極域でも異形を発見。中谷先生や孫野先生の
分類を発展させ「グローバル分類」として雪の結晶を体系化。

定年後は趣味のカメラや俳句にも打ち込んでいる。なんと充実した生き方をされているのだろう。
感心するばかり。見習わなければ。  


Posted by 中嶋 at 19:44Comments(0)中嶋

2017年03月20日

実社会への門出を祝う

今年、大学を卒業し就職のため郷里に戻ることになった青年に初めて会ったのは今から2年前。
ある合唱団に入っていた彼とある会議で出会った。いつもにこにこして誰からも好かれる素直な
好青年という印象をもった。

今年の3月に同じ会議で再会した。年配者が多い合唱団の中で皆から可愛がられ貴重な人生
経験をいっぱい教えてもらったそうだ。希望をもって実社会に船出する青年を応援しようと会議
の参加者は色紙に寄せ書きした。温かい励ましの一言で埋まっていた。
今まで経験したことがない荒波に揉まれるかもしれない。そんなときは周りの人に相談したり、
私たちを思い出して乗り切ってもらいたい。遠くから応援しているよ。

自分が社会に出た時のことを思い出した。大学4年生の時に就職が決まらず、1年間就職活動
してやっと東京の会社に入ることができたときの喜びは今でも忘れられない。会社の人間関係
で凹むときもあったが、周りの信頼できる人に相談したり、家族を思い定年まで働き続けること
ができた。

どうか夢を持ち続けてもらいたい。未来は君のものだ。頑張れ!
  


Posted by 中嶋 at 18:16Comments(0)中嶋

2017年03月01日

待ちに待った町内会の排雪

3日間にわたる町内会のパートナーシップ排雪が昨日終了した。
11月、12月には30cm以上の大雪が3度もあり、今年の冬はどうなってしまうのか心配したが、
1月以降は大雪がなく積雪は例年並みに近づいてほっとしている。
それでもパートナーシップ排雪は一冬に1回しか利用できないので、道路の両脇にうず高く積ま
れた雪山、圧雪し凸凹になった路面の解消を期待している。

パートナーシップ排雪は、札幌市、排雪業者、町内会の三者が協力する排雪方式。
除雪だけだと3万円/kmで済むが、排雪になるとその8倍の240万円/kmの費用がかかる
そうだ。そこで町内会では会費とは別に5千円/年の排雪費を集めている。

排雪作業には、各種の除雪車、約10台の11トンダンプトラック、4名の誘導員がついた。
その連携も慣れたもので作業はスムーズに展開。タイヤショベルで雪山を一方の歩道側に寄せ、
ロータリー車がその雪山を掻き込み並行するトラックに飛ばす。何台ものトラックが次から次に狭い
生活道路に入ってくる光景は圧巻。
一通り排雪が終わると、グレーダー車が圧雪した路面をガリガリと削ってゆく。バックホー車は長い
腕のようなものを器用に操作して残された雪山を掻き集める。
最後にもう一度ロータリー車とトラックで排雪した。
作業は16時前に終わり、見に行くと景色は一変していた。見通しが良くなり、路面が平らになって
いた。車も人も安全に通行できる。ありがたいことだ。
  


Posted by 中嶋 at 14:17Comments(0)中嶋