さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月25日

札幌ジュニアジャズスクールの清々しい演奏

吹奏楽の高らかな響きが会場を包んだ。
演奏者は紺色のつなぎ服を着た30名の可愛いい小学生。

10月22日、札幌サンプラザコンサートホールで開催された
北海道合唱団定期演奏会のゲスト出演は札幌ジュニアジャズスクール。
札幌芸術の森で練習している小学生のバンドで、サックス、トランペット、
トロンボーン、エレキベース、キーボード、ドラムの合奏。

これまでのゲスト出演は大人のプロの声楽家や器楽奏者だったので、
小学生の演奏は新鮮だった。客席の人達は孫を見つめるような温かな眼差し
で拍手を送ったり、なにげない仕草が笑いを誘っていた。
指揮者はいなかったが、統一のとれた元気一杯の演奏に元気をもらった。
大人顔負けのテクニックも披露。特にドラム奏者のバチさばきは見事。
客席から感嘆の声と大きな拍手が送られた。
何よりも演奏者が楽しいでいるのがいい。自分の楽器を使わない時は、
大きな身振りで手を叩いたり、振りを付けながら伸び伸びと演奏していた。

1年に40回ぐらいイベントなどで演奏をしているとのこと。ぜひ、多くの人
に聞いてもらいたい。

10月20日の道新によると、石狩管内の高校の文科系サークルで最も部員
が多いのは吹奏楽で、2位の2倍と圧倒的。ちなみに合唱は10位。
  


Posted by 中嶋 at 19:32Comments(0)中嶋

2017年10月16日

ちょっと寂しい町内会の大掃除

昨日は町内会の秋の大掃除。
開始時間の8:30前に外に出ると、一人も見当たらない。
以前は大勢の人が出てきて賑やかだったのに・・・。
気を取り直して、班長から雨水桝の掃除道具を借りてきて、先ずは
自宅前の雨水桝から始める。掃除道具を使って1m位下の方に
溜まっている汚泥を掻きだす。春にも掃除しているが、掻きだしても
掻きだしても出てくる。
当町内会は坂になっているので、上の方から雨水が運んできたものと
思われる。
徐々に人が出て来た。縁石の周りの雑草を取り除いたり、汚れた路面を
放水して綺麗にしている人たちが穏やかに談笑している。
汚泥が入ったゴミ袋はゴミステーションまで運ぶには重すぎるので、
軽台車で運んでいると、ご近所の人から「ご苦労様」と声をかけられた。
気持ちが通じたようで嬉しかった。
合計5カ所の雨水桝を掃除した。これで大雨が降っても雨水桝から水が
溢れる心配は軽減されるだろう。
  


Posted by 中嶋 at 14:00Comments(0)中嶋

2017年10月03日

とっさの行動に表れた真の友情

先月、苫小牧市で開催された北海道のうたごえ祭典の合唱発表会で、
私たちの合唱団は思いがけず入賞した。
その夜の打ち上げは、お疲れさまと親睦会を兼ねて大盛り上がり。

宴会が終わりホテルに戻る集団はいつしか3グループに分かれた。
中間グループにいた私たちは、後続グループの到着を待っていた。
やっと追いついた二人組の一人が転倒し怪我したという。手が変形
して顔面をしかめていた。ホテルに着くと、先頭グループの1人が
たまたまフロントの傍にいた。異変に気付くと、フロントに夜間緊
急病院を教えてもらい、タクシーで付き添って行った。何のためらい
もない素早い行動に感動した。健康保険証を持っていないと云うし、
入院になったらどうしようなどと考えると、助けたい気持ちはある
が躊躇してしまう。しかし、彼の冷静で的確な素早い行動に感心した。
その病院で応急処置をしてもらい、翌朝、整形外科病院に連れて行った。
自分のことのように仲間の面倒をみる。真の友情をみたような気がした。

4年前の冬、レッスンに向かう途中で交通事故に遭ったと連絡を受
けるや否や現場に急行しお世話もしている。
困っている人を見たら見ないふりができない。先のことはあまり考
えず、今やるべきことを今やる、体が自然に反応する真の優しさを
持ち合わせている彼を誇りに思う。
  


Posted by 中嶋 at 12:11Comments(0)中嶋