さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年04月29日

「町内会役員改選」の改善提案

連休初日の昨日、町内会の定期総会に参加した。
事業報告、決算報告、事業計画、事業予算の承認後、
「役員定数と改選方法(案)」が提案された。
①役員定数の削減
役員業務量、負担の均等化を図るため役員の削減。
副部長制の廃止、重複する業務部長の兼任。
②役員改選方法
 役員辞退が多いため役員輪番が早く回る。そこで、
 ・班毎に役員輪番者の決定。
 ・現三役は役員輪番者の中から三役を、班毎の役員輪番者は班長を決定。
 ・改選会議で各部長の決定。

前期、役員をしていた時も次期役員の改選は難航したので、このような
明確な改選方法は望ましい。しかし異論が出て紛糾した。役員の年齢制限
を求めたのだ。会長が「高齢者でも元気な人はいるので一律の年齢制限はし
ない。病気などでどうしてもできない時は申し出ると、その班の輪番者全員
で協議し、納得できれば次期の輪番者にお願いする。」と回答。
輪番者が「みんなによるみんなのため町内会」、「やれる範囲でできることを
する」という思いを共有し、遺恨が残らないようにしたい。

輪番制は全員参加型の公平な制度だと思う。「輪番制を止めて抽選方式などに
すると、適材適所は難しく町内会が成り立たなくなる。」という意見に納得。
普段から顔が見える関係づくりを大切にしていると、困った時に自然に支え
合うことができる。このことが町内会の原点ではないだろうか。
役員数を減らしても、業務内容を見直しスリム化、マニュアル化する。
また、役員同士が協力しあうことで、役員同士のつながりが深まる。

この提案をするにあたって、会長はたたき台を作り、歴代の総務部長の意見
を聞き、役員会で協議し、総会案内にも提案の趣旨を載せた。民主的な手順
を踏んでいる。相手の意見をきちんと受け止め、丁寧に説明し、結論を急がず
先延ばしにした大人の対応に感心した。総会欠席者も含め全世帯からアンケート
を取ることになった。この提案の検討会議を開催する時は、参加者を募集し、
いろいろな意見を出してもらい、粘り強く話し合い全員が納得できるものに
仕上げて欲しい。
  


Posted by 中嶋 at 21:15Comments(0)中嶋

2018年04月09日

春だ!新人よ夢を忘れずに

4月上旬、地下鉄駅の定期券売り場は真新しいコート姿の新入社員
が行列を作り賑わっていた。社会人生活の一歩を踏み出す若い人た
ちを見ていると応援したくなる。

学生時代とは異なり自由な時間は大幅に減り、組織人として与えら
れた仕事の結果を出していかなければならない。辛いことにも遭う
だろうが、前向きに進んでほしい。

私が入社した50年前を振り返ってみよう。
始めて親元を離れ東京の会社に勤めた。
多摩川のほとりにあった30人ほどの会社の寮では、6畳間の部屋
に同じ新入社員と同居。風呂、食堂、洗面所、トイレ、洗濯機はす
べて共同。同じ課の同期とは部屋を自由に行き来して楽しかった。
通勤は私鉄と地下鉄を乗り継いで行った。電車は満員のすしずめ、
それでも先客を押し込み乗り込む。電車が揺れたり、発車・停車す
るたびに、足の踏み場がないため自分を支えきれなくなり隣りの人
にぶつかることもしばしば。これもそれもすべて初体験。
会社では先輩たちの指導を受けながらも早く一人前の仕事ができる
ようになりたいと思っていた。

時代は変わっても人間関係は大事だ。信頼のおける友人を見つけ、
やりたいことを成し遂げる夢を持ち続けてほしい。頑張れ 新人!
  


Posted by 中嶋 at 19:13Comments(0)中嶋