さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年07月09日

合唱団こぶし創立40周年記念演奏会を聴いて-1

一昨日、うたの仲間2名と標記の演奏会を聴きに岩見沢に行った。
会場は「まなみーる岩見沢市民会館大ホール」。開場を待つ行列は半端でない。
昨年、一昨年の時よりも遥かに長い。折り返して並んでも次から次へと押し
寄せる人並みで伸びていく。演奏会を成功させるため、演奏だけでなく集客
にも全力を注いだ意気込みを感じた。
会場に入ると、1階の客席はほぼ満員、600名以上のお客さんで埋め尽く
されたが、昨年までの会場よりも広いため立ち見は出なかった。

こぶしさんの特徴は、旧団員、演奏団員に加えて、多彩な団体との共演。一色
ではない幅広い音楽を楽しめる。20年間続いている聖十字幼稚園児との共演
に加えて、幼小中高生からなる岩見沢少年少女合唱団、夕張と栗山の女声合唱
団、合唱団国鉄北海道との共演は、こぶしさんが地域の人達とのつながりを大
切にしてきた証であり、地域の文化の一翼を担っていることを物語っている。

プログラムはこれまで歌い続けてきた曲を中心に構成。
オープニングはシニアの男性による八木節。一人の男性が、太鼓、笛、鉦の
お囃子に合わせよく通る声でリズミカルに歌う。続いて可愛らしい39名の園
児が先生に付き添われて登場すると、会場の空気が一変した。客席に笑顔が広
がった。元気一杯の歌声とYOSAKOIソーラン踊りに元気をもらった。
先生の笛を合図に礼をしたり、挨拶するしぐさも可愛い。子供たちを見る人
たちの目が優しい。客席の親が子供たちに手を振ると、子どもたちがそれに
応えて手を振る。実に微笑ましい。


つづく
  


Posted by 中嶋 at 18:00Comments(0)中嶋