さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年07月10日

合唱団こぶし創立40周年記念演奏会を聴いて-2

「最後の機関車」はこぶしの創作曲(1981年)。国鉄の合理化で蒸気機関車が
廃止に。その最後の機関車のかまを炊く機関士の家族(小さな二人の息子と奥
さん)が乗車した想い出を子供目線で綴った作品。岩見沢少年少女合唱団との
共演ははまっていた。子ども達たちの爽やかな声を大人たちの声が温かく包み
こむ。小さな子供たちが前に出てきて「ガッタンゴットン」と歌いながら汽車ごっこ
のように手を動かし歩き回る。2人の大きな子供が手を合わせて作ったトンネル
をくぐる。蒸気機関車の躍動感を可愛らしく表現していた。

女声合唱は、栗山女声合唱団コーロ・リリオと夕張女声合唱団コール・ポピー
との共演、45名の優しい声で「いのちの歌」、「おくりもの」。
男声合唱は、合唱団国鉄北海道との共演、力強い声で「喜びも悲しみも幾年月」、
「俺たちの歌」。
「ハッピーバースディ」は再び岩見沢少年少女合唱団との共演。合唱団の可愛
らしい振付が歌声と相まって微笑ましい。

ゲスト出演も近隣の栗沢町から吹奏楽団「ウィンズ・バンド レルシア」。
合唱とは異なる迫力ある音、柔らかな音、澄んだ音が織りなす響きが会場中を
包み込んだ。馴染みのある曲が演奏されると、口ずさんだり手拍子する人も・・・。
若い奏者が多く、活気に満ち溢れた演奏を楽しませてもらった。

フィナーレは吹奏楽団を除く全ての出演者150名の合唱「ねがい」。
園児には難しい曲だと思われるが、お兄さん、お姉さん、大人たちと共に力一杯
元気な声で歌っていた。平和な世界が実現するように・・・・

綺麗なハーモニィだけでなく多世代の演奏交流も堪能させてもらった。
共演者たちとの練習、10曲以上の暗譜は大変だったと思うが、見事に花開いた。
40年間に出会った幾多の波を臨機応変に乗り越え、続けてこられた努力に敬意
を表したい。ありがとう。

おわり
  


Posted by 中嶋 at 17:48Comments(0)中嶋