さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年10月11日

頼りなる地元の電気屋さん

ケーブルテレビのサービス会社J社の2年契約更新時にテレビだけ解約した。
何百もの新しいビデオは殆どが有料で、興味をもてるものがなかったためである。

解約時にJ社のスタッフが来られて、テレビに繋いでいたセットボックス等
を外し、従来のアンテナ受信に切り替えた。ざっと見て正常に映ることを確認
した。ところがその夜テレビを点けると、地デジ、特にNHKの画面が乱れ、
とても見られる状態ではなかった。翌日この現象をお話しすると、翌日、
スタッフが再訪し、計測器で電波の状況を確認。通常は60ぐらいのところ
が半分の30台に落ちている。携帯電話が利用する電波帯の変更(700MHz)
による干渉の可能性があるとの指摘を受け、翌日、700MHz利用推進協会
に連絡した。その翌日に来て頂いた。なんと、伸縮自在のクレーン車で2名の
作業員、また安全監視委員の3名と大勢の方が来られた。慎重にクレーンを操縦
し、屋根の上のアンテナのブースターにフイルターを取り付けた。対策前後で1
チャンネルづつ全チャンネルの写真を撮り確認。しかし、まだ弱いチラツキがある。

早くきれいな画面が見たい! 翌日、最後の手段と思ってテレビを買った地元の
電気屋さんに来てもらった。即座に電波の送信元が手稲山になっている、藻岩山
の方に変えなければとリモコン操作で変更してくれた。するとどうでしょう。
画面の乱れは全くない。5日ぶりの出会い。この結果、電波は80台と強くなった。
さすが、地元の電気屋さん、頼りになります。
  


Posted by 中嶋 at 15:34Comments(0)中嶋