さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2016年03月03日

小学生の爽やかな挨拶

一昨日の朝、家の前で雪掻きをしていると、ごみ袋をもった小学4、5年生の男の子が「おはようございます」と挨拶してくれた。
思わず「おはよう」と挨拶を交わした。ごみ出しから戻ってくると、「手伝いましょうか」と言うなり、自宅に走って戻り雪掻き道具を持ってきて手伝ってくれた。「大丈夫だよ、ありがとう。」と心の中でつぶやいた。なんて気さくなんだろう。何の屈託もない態度は大人になると忘れてしまうのは何故だろう。小学校の先生が挨拶するように指導しているのだろうか。親が指導しているのだろうか。見知らぬ人にも自然に表せるのは凄い。今日は猛吹雪になる天気予報が出ていたので休校にしたそうだ。とても話しやすい雰囲気だったので、「スキーに行った?」と聞いたら、「藻岩山に5回行ったよ」と元気よく答えてくれた。そんなちょっとした会話を交わしただけだが、明るい気持ちになった。
高齢者の孤立死を防ぐには、見守りが大事だとよく言われるが、監視するようで嫌だなと思っていた。気さくに挨拶することから始めると、次第に会話が生まれ、お互いに信頼するようになり、相談されるようになるのではないだろうか、と小学生の挨拶から思った。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(中嶋)の記事
 目からうろこの声楽講座 (2018-11-14 13:38)
 頼りなる地元の電気屋さん (2018-10-11 15:34)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-5 (2018-09-15 11:13)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-4 (2018-09-14 12:07)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-3 (2018-09-13 15:20)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-2 (2018-09-12 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小学生の爽やかな挨拶
    コメント(0)