さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年07月14日

イーハトーボーのモノ語り

7月8日、合唱団こぶしの定期演奏会が岩見沢市文化センターで開かれた。
第二部はゲスト出演の「イーハトーボーのモノ語り」の初演。

宮沢賢治の「イーハトーボー」の世界を、東京在住の伝統芸能の再創造に
取り組む演出家三浦恒夫さんが、朗読、歌い、踊る。

宮沢賢治を彷彿させる帽子とマントをはおって、「星めぐりの歌」をあたたか
な声、豊かな声量で歌う。
「雨にも負けず・・・」を噛みしめるように朗読する。
「鹿踊り」と「鬼剣舞」では、腰の据わった、地べたをしっかり踏みしめる舞、
「トッー」、「ヤッセー」と力強い掛け声、宮沢賢治の世界を体現した迫真の舞。

三浦さんの演技をピアノ伴奏、風の音、蒸気機関車の汽笛などの効果音と照明
が一体となって支えていた。
ピアノは朗読と踊りでも背景音として、風の音は銀河鉄道の鉄道員に扮した
団員が手回し式の風起こし器で風を起こしていた。見事なチームワーク。

客席には小さな子どももいたが、宮沢賢治の世界にどっぷり入り込んだようで
シーンと静まり返っていた。終了すると大きな拍手が送られた。
朗読だけでない、歌唱と踊りも一体となった三浦さんの演出に感動した。


同じカテゴリー(中嶋)の記事
 夢と感動のサーカスありがとう-8 (2017-07-06 11:47)
 夢と感動のサーカスありがとう-7 (2017-07-05 10:59)
 夢と感動のサーカスありがとう-6 (2017-07-04 13:36)
 夢と感動のサーカスありがとう-5 (2017-07-03 11:01)
 夢と感動のサーカスありがとう-4 (2017-07-02 12:55)
 夢と感動のサーカスありがとう-3 (2017-07-01 11:59)

Posted by 中嶋 at 12:59│Comments(0)中嶋
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イーハトーボーのモノ語り
    コメント(0)