さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年09月13日

災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-3

今回の地震で経験したことを今後の教訓にしませんかー1

①エネルギーの分散と連携
 今回の停電は初めて全道295万戸に及んだ。震源地に近く全道の半分の
 供給を担っていた火力発電所の故障によるものだった。
 対策としては、
 ・全道をいくつかの供給ブロックに分けて停電の影響範囲を限定する。
  ブロック間は北本連携線のような設備を備え融通し合う。
 ・北電以外で自家発電をもつ会社等との連携の強化(送電網の開放等)。
 ・地域で供給可能な自然エネルギーの普及促進。

②携帯電話の充電
 テレビが見れなくなると、被害の全貌と復旧状況が分からないので不安。
 携帯電話が通じていれば、友達からテレビの情報も聞くことができる。
 ・携帯電話の充電は電気が灯っている所であれば、充電器を持って行け
  ばコンセントに差し込むだけなので可能なはず。ぜひ多くの所で受け入
  れて欲しい。
 ・1回の充電時間は最大1.5時間もかかる。急速充電可能な電池開発に
  ももっと力を入れてもらいたい。
 ・電池残量が50%を切ったら充電しよう。

③防災用品の日常化
 ・普段は使用しない懐中電灯を家中探し回った。日常から使用していたら
  慌てないですんだ。人感センサー付きの足元灯が懐中電灯代わりになる
  と便利だ。
 ・電気でも電池でも使えるカセットコンロがあれば災害時にも使える。
 ・暖房が必要な冬の停電は命にかかわるので、電気を使用しない石油スト
  ーブも用意したい。

つづく


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(中嶋)の記事
 頼りなる地元の電気屋さん (2018-10-11 15:34)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-5 (2018-09-15 11:13)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-4 (2018-09-14 12:07)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-2 (2018-09-12 14:01)
 災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-1 (2018-09-11 14:00)
 親睦と安全志向の町内会の運動会 (2018-08-27 16:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
災害はどこにでも起きる-北海道胆振東部地震-3
    コメント(0)